発祥の地bannar
招き猫発祥の地
 [まねきねこはっしょうのち] 


場所
東京都台東区今戸1丁目
コメント
浅草・浅草寺(せんそうじ)の 約1km北東。今戸神社入り口の鳥居前に, 写真の看板が立っている。
今戸神社は「今土焼発祥の地」の碑もある。

“招き猫”は 江戸時代に誕生したと言われ, 商売繁盛や招福を願って 店先や玄関などに飾られる。
人形としての招き猫の誕生は 今戸の地で 16世紀から焼かれていた「今戸焼」が始まり, といわれている。

招き猫の発祥については, 世田谷区の豪徳寺, 新宿区の自証院 など, いくつかの説がある。

撮影日
2005年7月
碑文
えんむすび 今戸神社
 招き猫発祥の地
「沖田総司 終焉の地
招き猫発祥の地 今戸神社
招き猫発祥の地の看板
今戸神社