発祥の地bannar
三河武士発祥の地
 [みかわぶしはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
愛知県岡崎市井田町
コメント
愛知環状鉄道・北岡崎駅の北東 700m。
井田公園(井田城址)にある「晴明白龍大神」の小さな祠の脇に「晴明白龍大神縁起」 という碑があり, この中に「三河武士発祥の地」と書かれている

「三河武士」とは何か, 定義ははっきりしないが, 言葉通りに解釈すれば “徳川家康の出身地である三河の国の武士”であって, 家康と苦楽を共にし 天下を取る原動力となった武士たちを指す。 一般に“勇敢・頑固・忍耐力が強い”と評価され, 団結が固く これが徳川の強みになった とされる。
しかし もう少し狭く捉えて, 江戸幕府を支えた 酒井忠次・土井利勝・鳥居元忠・安藤直次・ 本多利久・大久保彦左衛門・・・らの, 三河出身の家臣らのことを指す場合もあるらしい。

井田城は 酒井家の居城で 岡崎城の支城だった。別にここから三河武士が発祥した わけではなく, 岡崎が「三河武士を輩出した地域」というにすぎない。

撮影日
2006年12月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
晴明白龍大神縁起

御祭神 晴明白龍大神
史跡 井田城址 亀井戸跡
場所 井田町城山(三河武士発祥の地)

  由緒
 岡崎発展の歴史にはその基礎に井田 城の存在があり、徳川三百年の太平に大 きな役割を果たしたのであります
 応仁より天文年間までの約百年に亘 り特筆される激戦が四回もありいわゆ る井田野の合戦と云われこれに勝ち抜 いたのでやがて徳川が覇を制すること ができたのであります。
 ここは岡崎城と大樹寺を結ぶ直線上 にあり連携もよく眼下は一望の平野が 開け天然の堅塁としての地形を具備し て居りこの井田城を守る代々の将兵は 強く(私等の祖先)堅忍不抜 勇猛果 敢の精神はここで培われ父祖伝来の三 河武士の魂は井田城に於て発揮された のであります。
 その三河士魂を神格に表現し晴明白 龍大神と尊称して奉斎したものであり ます


 
晴明白龍大神縁起碑 井田城址碑
晴明白龍大神縁起 碑
井田城址 碑

移転先 http://840.gnpp.jp/mikawabushi/