発祥の地bannar
六日町温泉発祥の地
 [むいかまちおんせんはっしょうのち] 


場所
新潟県南魚沼市六日町
コメント
JR上越線の六日町駅から南西に500m。
ホテル越路荘の東側にある駐車場の片隅に,「六日町温泉発祥の地」と刻まれた黒御影石の石碑が建っている。碑の隣には 足湯の施設もある。

六日町温泉は 泉源での湯温が 51〜53℃の単純泉。温泉全体として ホテル・旅館が14軒ほどある。1964(昭和39)年には“国民保養温泉地”に指定されている。

新潟は古くから石油・天然ガスが産出されており,近くには日本最大の“南長岡ガス田”がある。六日町でも天然ガスを掘削して,都市ガスとして供給しようという計画が持ち上がり,1957(昭和32)年に この地でガス井戸を掘削しようとしたところ 偶然温泉が噴き出し,この温泉を活かそうと六日町温泉が誕生した。

撮影日
2010年11月 
碑文
六日町温泉発祥の地

  昭和32年12月時の町長岩野良平氏が六日町都市
  ガス構想のもとガス井戸掘削中突如温泉が噴出した

   六日町温泉開湯五十周年記念
     寄贈者
       六日町資源開発株式会社
        (以下氏名略)

      平成十九年六月建立


 
六日町温泉発祥の地碑 越路荘
六日町温泉発祥の地 碑
越路荘