発祥の地bannar
六甲植林発祥の地
 [ろっこうしょくりんはっしょうのち] 


場所
兵庫県神戸市北区山田町下谷上
コメント
JR山陽新幹線の新神戸駅から北西に3km。
六甲山地にある再度(ふたたび)公園の“修法ヶ原池”西側の湖畔に,自然石を半分地面に埋め込んだ「六甲植林発祥の地」の石碑がある。

現在は緑豊かな六甲山も,明治の中頃までは荒れたハゲ山であった。
歴史をさかのぼると,豊臣秀吉が大坂城築城に際して 六甲山から大量の花崗岩の切り出しを命じ,その際に「草木伐採勝手たるべし」との布令があったため,それ以来六甲山からの樹木の乱伐が続いた結果,このような荒廃を招いたと言われている。
さらに江戸末期に神戸港が開港されて 周辺に多くの人々が住み着くようになると,燃料や建築資材とするため樹木の伐採が進み,明治初期には樹木が何もない 裸の六甲山となってしまった。
1881(明治14)年に 高知から船で神戸に旅した 植物学者・牧野富太郎博士は,白い岩肌が続き 緑のない山の様子を見て「海上から六甲山の禿山を見てびっくりした。はじめは雪が積もっているのかと思った」と書いている。
このため降雨による土砂災害がたびたび発生し,大規模な緑化事業の必要性が叫ばれるようになった。

一方,明治維新後 神戸は急速に都市化が進み,開港当時2万人余だった人口は,市制が施行された1889(明治22)年には13万人余に達した。急激な人口増加によって 井戸水を利用していた生活用水の水質の悪化が進み,毎年コレラ・赤痢などの伝染病が流行した。このような衛生環境を改善するために 上水道の整備が必要となり,1900(明治33)年に生田川上流に布引貯水池が完成して公営水道が開始された。
しかし 生田川上流域は著しく荒廃しており,大雨のたびに貯水池に泥流が流入する状況があり,水源を保全するために本格的な砂防工事と植林の必要に迫られた。

これらの状況から,1902(明治35)年より六甲山の大規模な砂防植林が開始された。最初に植林に取り組んだのは 再度山の北側の“修法ヶ原”と呼ばれたこの地で,試験的に黒松とヤシャブシを各1万本ずつ植栽して良好な結果を得たので,引き続き範囲をひろげて 13年間に200万本余の植林が行われた。
植樹によって六甲山に緑がよみがえりはじめると,杉・桧・樫・アカシアなどの樹木も増え始め,現在のような緑豊かな山がよみがえった。
現在,植林発祥の地となったこの地は,再度公園・再度山永久植生保存地・神戸外国人墓地として,国の名勝に指定されており,修法ヶ原池周辺は 六甲連山屈指の紅葉の名所となっている。

撮影日
2012年4月 (写真提供 T.K.さん)
碑文
六甲植林発祥の地

      六甲の緑
 今は緑におおわれている六甲山系も,明治の中頃まではほぼ全山が荒れるにまかせたはげ山でした。
 明治36年にこの再度山(ふたたびさん)で松を中心とした植林事業がはじまり,その後全域で営々と植林が続けられた結果,今日の姿にかわってきたのです。
 この先人の努力を受けつぎ,今後も緑豊かな美しい山となるよう努めていかねばなりません。
           昭和62年11月22日
                神戸市

 
六甲植林発祥の地 碑 修法ヶ原池と発祥碑
六甲植林発祥の地 碑
修法ヶ原池と発祥碑