発祥の地bannar
渋団扇発生の地
 [しぶうちわはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
埼玉県越生町越生
コメント
東武・越生線と JR八高線の越生駅から 北西に 400m。
越生町役場から 東に100mの地点の道路脇に, ガードレールに囲まれた植え込みの中に 「渋団扇発生の地」と書かれた木碑が建っている。

「渋うちわ」は「柿うちわ」とも呼ばれ, 竹の骨に紙を貼って 柿渋を塗り重ねたもの。 水や虫に対する耐久性があり 機械的な衝撃にも強いので, 主に台所などで使用された。 かまどの火に風を送ったり 鮨飯を冷ますためにあおいだりするのに よく使われた記憶がある。

越生では 江戸時代からうちわが作られていたと言われ, 越生町の竹・小川町の和紙 など 地元に産する 材料を使って, うちわの一大産地になっていた。
“越生小唄”(野口雨情・作詞)に
   越生名物 生絹(きぎぬ)と団扇,誰が着るやら アリャ 使ふやら
と唄われている。
この地のうちわは“越生うちわ”と呼ばれ, 明治初期には 年間42万本, 明治末には 240万本ものうちわが作られ, 首都圏に出荷されていたという。昭和初期には うちわ製作に関わる家が 50軒近くあった。
しかし 近年は, 安価なプラスチック骨のうちわが作られるようになり, また 扇風機やクーラーの普及に よって 伝統的なうちわの需要は激減し, 現在 越生で その伝統を守ってうちわを生産しているのは ただ一軒「うちわ工房・しまの」のみになっている。

ちなみに, 現在国内の産地は, 丸亀うちわ(香川), 京うちわ, 江戸うちわ, 岐阜うちわ などがあるが, その中で 丸亀うちわは 全国シェアの 80〜90% にも達している。

撮影日
2008年1月
碑文
渋団扇発生の地

  江戸末期から昭和四十年頃迄
  は盛んに作成され, 越生の渋
  団扇として名高かった。

      ●埼玉県商工団体
       パワーアップ支援事業
      ●越生町商工会
         平成九年度制定

渋団扇発生の地碑
渋団扇発生の地 碑


移転先 http://840.gnpp.jp/shibu-uchiwa/