発祥の地bannar
下浦石工発祥之地
 [しもうらいしくはっしょうのち] 


場所
熊本県本渡市下浦町
コメント
天草の下島から上島へ 瀬戸大橋を渡り, 国道266号線を 南東に約3km。
旧道との分岐点に 大きな自然石で造られた石碑が建っている。

天草には 国の重要文化財に指定された祇園橋をはじめ, 古い石の橋がたくさん残っている。 これらは 天草の石材を使って 天草の石工たちが架設した 貴重な文化財である。
天草の石工は「下浦石工」と呼ばれ, ここ 下浦地区で起こり 発展した技術である。

碑文にもあるように, 下浦石工は 天草島内で石橋を造ったばかりでなく, 長崎の石畳(オランダ坂など)をはじめ 九州各地で 石造建築物に関わっているといわれる。

撮影日
2004年10月
碑文
下浦石工発祥之地
  熊本県知事 福島譲二書

下浦石工の由来

 私たちのふるさと本渡市下浦町は, 昔から 下浦石と呼ばれる石材の産地で石工が育ち 「石工の里」として石工文化が華開いた。
 下浦に石工が根を下ろしたのは 宝暦10年(1760) 元肥前の国藩士 松室五郎左衛門という 浪人が 故あって下浦石場に移り住み, 村人に 石工技法を伝えたのが始まりだと言われ 五郎左衛門翁の墓碑も下浦石場地区に現存している。
 五郎左衛門翁の石工技術は地元石工に受け 継がれ, 明治, 大正, 昭和から平成と時代と 共に盛んになり, 最盛期は300人の石工を 数える程の隆盛を見た。天草, 熊本県内は 勿論, 九州一円の石工の大半は下浦出身で 占められている。その代表的な作品が 県文化財 に指定されている 本渡市の祗園橋や 楠浦の眼鏡橋, 更に長崎オランダ坂の石畳を初め, 各地の鳥居, 墓碑など, 日本が誇るすばらしい 石の文化遺産がある。
 こうした先人の輝かしい業績を称えると共に, 今後の更なる発展を願って, ここ下浦の 要所に「石工発祥の地」の記念碑を建立し, その名を永遠に止める。
   平成8年12月
     本渡市下浦石工組合
下浦石工発祥之地碑
 下浦石工発祥之地 碑