発祥の地bannar
近代地方自治の発祥 (芝区役所)
 [きんだいちほうじちのはっしょう]


場所
東京都港区港区芝公園2丁目
コメント
芝・増上寺に向かい合う一角。港区役所の南に 安養院という浄土宗の寺がある。 この寺の“安養精舎”という扁額のかかった建物の前に 港区の設置した 「最初の芝区役所跡・近代地方自治の発祥」という碑が建っている。
旧芝区・旧赤坂区・旧麻布区 の区役所跡地の一つである。

1871(明治4)年, 廃藩置県により 江戸は東京府となり, 1878(明治11)年には「郡区町村編制法」 が施行されて 東京には 15の区が置かれた。日本の地方制度に関する初めての法令である。
現在の港区は 当初, 麻布区・赤坂区・芝区の3つの区に分かれていて, 麻布区役所は“龍沢寺”に, 赤坂区役所は“高橋是清翁記念公園”に, 芝区役所はここ“安養院”に置かれた。

その後の 東京都行政区の変遷を見ると,
1889(明治22)年には「市制・町村制」が施行され, 東京市が誕生(現在の23区部)。
1943(昭和18)年に「東京都制」が施行されて, 東京府・東京市が統合されて 東京都となる。
戦後, 1947(昭和22)年に 区部が35区から23区に再編され, 現在の港区が成立した。

撮影日
2005年11月
碑文
最初の芝区役所跡
 近代地方自治の発祥

 明治初期の地方制度は, 改正がくり返され, 東京の行政区域は なかなか定まらなかった。
 そうした中で, 明治11年(1878)7月22日, わが国 地方自治制度のもとを作った郡区町村編成法が発布された。  これにより, 同年11月2日, 東京には15区6郡がおかれ, 芝区が誕生した。
 その時, この安養院に最初の芝区役所が設けられ, 11月4日 に開庁し, 初代区長に相原安次郎が任命された。当時の芝区は桜 田・三田・白金・高輪の地域で, 戸数14,757戸, 人口58,861 人であった。
 芝区役所は, その後愛宕町に移り, さらに大正15年(1926) に現在の港区役所の位置(芝公園1-5-25)に移った。
 なお, 芝・麻布・赤坂区は, 昭和22年3月15日, 統合さ れて港区となった。
    昭和49年1月
            東京都港区教育委員会

近代地方自治の発祥碑 龍沢寺
芝区役所跡     .
近代地方自治の発祥 碑
安養院