発祥の地bannar
謄写版発祥の地
 [とうしゃばんはっしょうのち] 


場所
東京都千代田区鍛冶町2丁目
コメント
JR山手線・神田駅の東側 すぐ近く。中央通りに面する「神田中央通ビル」のエントランスの 壁面に「謄写版発祥の地」と刻まれた 銅のプレートが埋め込まれている。

謄写版(ガリ版)というと, 小・中学校に, 先生が試験問題や その他のプリントを 作っていた 懐かしい思い出がある。いや, 高校でも大学でも 企業内でも, ガリ版刷りの書類は 大量に使われていた。 徐々に各種の簡易印刷機が使われるようになったが, 謄写版が廃れたのは 1970年代, つまりワープロが普及してからのことである。

謄写版を発明したのは 滋賀県蒲生町出身の堀井新治郎氏で, 今からおよそ110年前の 1894(明治27)年に 「堀井謄写版」の特許が申請された。
神田鍛冶町のこの地は「謄写堂」という販売店が置かれた場所であり, 堀井が住んでいた 滋賀県蒲生町には「ガリ版伝承館」という展示施設があって, こちらも 「謄写版発祥の地」を標榜している。

余談だが, この神田中央通ビルの1階には, コピーやコンピュータ出力サービスなどで有名な 「キンコーズ」の店舗がある。謄写版との微妙な組み合わせが 皮肉で 面白い。

撮影日
2005年3月
碑文
謄写版発祥の地

  東京神田区鍛冶町大通三番地
  専売特許 謄写版販売元 〈堀〉謄写堂
    電話本局千〇八十四番

明治27年(西暦1894年)堀井新治郎父子が我が国
初の簡易印刷機を発明し「謄写版」と命名, 発売と同
時に鍛冶町の此の地に謄写堂を創業した。

謄写版発祥の地碑 神田中央通ビル
謄写版発祥の地 碑
神田中央通ビル