発祥の地bannar
月岡温泉発祥の地
 [つきおかおんせんはっしょうのち]


場所
新潟県新発田市月岡温泉
コメント
JR羽越本線の月岡駅から東に5km。
月岡温泉のホテル街に,県道300号(月岡停車場月岡線)に面して 旅館“浪花屋”があり, その向い側に 自炊湯治形式の温泉旅館“青木館”がある。 青木館の右手前に「月岡温泉発祥の地」と刻まれた大きな石碑が建っている。
また 発祥碑の右手には「月岡原泉第6号井新井掘さく場」と書かかれた建物がある。

月岡温泉は,新津から北東に20kmほどの 田園地帯にあり,東西1km・南北500mぐらいの比較的狭い地域内に, 20軒余りのホテル・旅館が集まった温泉地である。
歴史的には,大正初期に 新津を中心とした東山油田地域で石油開発が始まり,その一部として ここ月岡地区でも石油掘削が行なわれた。 その時に出た石油の量は僅かなものだったが,代りに温泉を掘り当てることができた。
この結果 石油組合は解散し,組合の役員をしていた 本間周三郎氏が ここに温泉場を造ることを提案。
やがて 多数の旅館が建てられ,“新潟の奥座敷”と呼ばれるまでに発展した。

撮影日
2009年7月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
月岡温泉発祥の地

  初代温泉井掘削者
    本間周三郎翁
  温泉開発之祖
    今井慶作翁

  開湯75周年記念
    月岡源泉協同組合一同
            建之
    昭和六十二年十月吉日


 
月岡温泉発祥の地碑