発祥の地bannar
日本アニメ発祥の地
 [にほんあにめはっしょうのち]


場所
東京都練馬区東大泉1丁目
コメント
西武鉄道池袋線の大泉学園駅の改札口を入ったコンコースに,松本零士のSF漫画“銀河鉄道999”に登場する車掌をかたどったモニュメントが立っている。背後の説明板に「日本アニメ発祥の地」と書かれている。

ここ大泉を中心とする練馬区が「アニメーション発祥の地」と呼ばれるようになったのは,1956(昭和31)年に 東大泉に東映動画社(現・東映アニメーション)が東大泉に東映動画スタジオを完成したことに始まる。当時のアニメーション映画のスタジオとしては 東洋一を誇る規模と設備で,ここで日本初の(劇場用)長編カラーアニメ「白蛇伝」が誕生した。
1961(昭和36)年には,手塚治虫氏が富士見台に“手塚動画プロダクション”(後に“虫プロダクション”と改称)を設立し,日本初の連続テレビアニメ「鉄腕アトム」の放映を開始。1965(昭和40)年には 日本初のカラーテレビアニメ「ジャングル大帝」(虫プロ)の放映を開始した。
それ以降 多くのテレビアニメが制作され,それに伴ってアニメ制作会社や関連企業が多数設立された。現在、練馬区内には90社を超えるアニメ関連会社があり,日本のアニメ産業の中心地となっている。

大泉学園駅に設置された「日本アニメ発祥の地」のモニュメントは,2008年に開催されたイベント「ねりたんアニメプロジェクト in 大泉」の一環として置かれたもので,それ以来大泉学園駅の名誉駅長として扱われている。
また大泉学園駅では 映画『銀河鉄道999』の主題歌を発車メロディに採用するなど,地域振興のために「日本アニメ発祥の地」をPRしている。

発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

撮影日
2010年8月
碑文
アニメのまち 練馬区
  日本アニメ発祥の地 大泉へようこそ
     GALAXY EXPRESS 999

ここ練馬区・大泉は,日本のアニメ発祥の地です。1958(昭和33)年,日本で初めて,東映動画(東大泉:現在の東映アニメーション)において,カラー長編アニメ映画「白蛇伝」が製作されました。いまや世界に翔たいている日本のアニメ発祥の地のシンボルとして,地元在住の松本零士さんの協力により「銀河鉄道999」(東映アニメーション 1978〜)の車掌さんを,ここ大泉学園駅の名誉駅長として任命しました。
              2008年3月16日
              SEIBU  練馬区


 
日本アニメ発祥の地モニュメント
日本アニメ発祥の地モニュメント

移行中 http://840.gnpp.jp/nippon-anime/