発祥の地bannar
寄席発祥の地  [よせはっしょうのち] 


場所
東京都台東区東上野3丁目
コメント
JR上野駅から 浅草通りを 東におよそ500メートル。通りから 20メートルほど 南に引っ込んだところに 下谷神社があり, その門前に 発祥碑が建つ。

寛永10年(1798), 初代 三笑亭可楽が 下谷の稲荷社(現在の下谷神社)の境内に 寄席の看板をあげたのが, 江戸で最初の 噺家による落語の席だったと言われる。
寄席発祥の地碑は この200周年を記念して 1998年(平成10年)に建てられた。
「寄席発祥之地」の文字は 柳家小さん師匠が書いたものである。

発祥の碑の隣に,
    寄席はねて 上野の鐘の 夜長哉
という 正岡子規の句碑も建てられている。

撮影日
2000年12月
碑文
寄席発祥の地

寛政10年(1798)6月, 下谷稲荷社境内に於て 噺の会が初めて有料で催され,
これが江戸の寄席の発祥と伝えられる。
200周年に当たり之建
    平成10年4月11日 寄席200年顕彰会
        鈴本演芸場
        新宿 末廣亭
        浅草演芸ホール
        池袋演芸場
          世話人一同

寄席発祥の地 碑 正岡子規 句碑
寄席発祥の地 碑
正岡子規 句碑

下谷神社  下谷神社


2017/08/17