発祥の地bannar
演習林発祥の地
 [えんしゅうりんはっしょうのち]


場所
千葉県鴨川市清澄
コメント
JR外房線の安房天津駅から 北に5km。
千葉県道81号(清澄養老ライン)から 日蓮宗大本山・清澄寺に向かう参道の途中に 東大千葉演習林の入口(ゲート)があり,そのすぐ内側に「演習林発祥の地」と刻まれた 高さ1.5m・幅2mほどの石碑が建っている。

「演習林」とは,大学や高校において 林業関連学科の実地研究・教育に役立てるために, 学校が経営する森林のこと。
東京大学では 大学院農学生命科学研究科に属し,
     o 千葉演習林(千葉県鴨川市・君津市)
     o 北海道演習林(北海道富良野市)
     o 秩父演習林(埼玉県秩父市)
     o 愛知演習林(愛知県瀬戸市)
     o 富士演習林(山梨県山中湖村)
     o 樹芸研究所(静岡県南伊豆町)
     o 田無試験地(東京都西東京市)
などの施設がある。

東大・千葉演習林は 日本で最初の大学演習林として 1894(明治27)年に設立された。
当初は 清澄寺周辺の山林 330ha で発足し,北側の奥山地区を加えて, 現在 2,171ha の面積となっている。
演習林はその性格上 広大な面積を有し, 東大の所有する土地の 実に99%は これら演習林が占めているという。

撮影日
2009年11月
碑文1
演習林発祥の地
  東京大学千葉演習林創設百周年記念
      平成六年十一月二十九日

    東京大学農学部附属千葉演習林
          教職員一同 建立
    千葉演習林林長 東京大学教授
            大里章一 書
        平成七年六月吉日


 
演習林発祥の地碑
演習林発祥の地 碑


移転先 http://840.gnpp.jp/enshurin/