発祥の地bannar
極楽坊保育園発祥の処
 [ごくらくぼうほいくえんはっしょうおのところ]


場所
奈良県奈良市中院町
コメント
JR桜井線の京終駅から900m北に,元興寺(極楽房)がある。本堂の南側の“小子房”と呼ばれる建物とその東隣の宝物殿の間に「極楽坊保育園発祥の處」と刻まれた石碑が建っている。

極楽坊保育園は,1929(昭和24)年に ここ元興寺の小子坊に開設され,翌年現在地(紀寺町)に移転した。

元興寺の小子坊は,もと禅室の北側にあったが,1626(寛永3)年に極楽院の庫裏として改築され,1949(昭和24)年に本堂の南側に移転増築されて「極楽院保育所」の建物となった。その後 1960(昭和35)年に現位置に移動して小子坊として復旧された。奈良県の文化財に指定されている。

発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

撮影日
2012年5月 (写真提供 totteさん)
碑文
極楽坊保育園 発祥の處
    元興泰善書

   誌
昭和二十四年四月  元興寺小子房を改修し
          極楽院保育所を始む
昭和二十五年九月  紀寺幸町に移転す
平成十一年五月八日 五十周年記念碑を置く
  社会福祉法人 宝山寺福祉事業団
         極楽坊保育園

 
極楽坊保育園 発祥の處碑
極楽坊保育園 発祥の處 碑
元興寺小子房
元興寺 小子房
現在の極楽坊保育園
現在の極楽坊保育園
   (奈良市紀寺町)


移行中 http://840.gnpp.jp/gokurakubohoikuen/