発祥の地bannar
工学発祥の地
 [こうがくはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
東京都千代田区霞が関3丁目
コメント
この碑は, 工部大学校出身者によって 関東大震災の際のガレキなどを用いて建てたもの と言われ, 火事場に焼け残った門柱のような印象を与える。

2005年秋現在, 霞が関の中央官庁街は 現在大規模な再開発中で, 会計検査院があった一角も 取り壊され, “中央合同庁舎7号館”として新築中である。 そのため この記念碑も撤去され, 臨時に東大に保管されているという。
いずれ 元あった場所の近辺に再建されるものと思われる。

撮影日
2003年4月

 
工部大学校阯碑 工部大学校阯碑
工部大学校阯 碑 (工学発祥の地)

移転先 https://840.gnpp.jp/kogaku2010/