bannar
交流教育発祥の地
 [こうりゅうきょういくはっしょうのち]


場所
大分県大分市小佐井3丁目
コメント
JR日豊本線の坂ノ市駅から 南に1.5km。
県道245号(日向街道)から200mほど西に 大分市立小佐井小学校がある。 広い校庭の中,南東の通用門の近くに 空に手を振り上げた姿の子供の像が立っていて, 横に「交流教育発祥の地」の木碑が建てられている。

“交流教育”とは,障害のある児童・生徒と小中学校の通常の学級の児童・生徒が 行事等を通じて活動を共にする教育を言うらしい。
しかし その交流教育がこの小坂井小学校で どのように発祥したのか, 残念ながら 情報がなくて背景がさっぱりわからない。
「ここに発祥碑があった」という事実のみ記録しておく。

発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

撮影日
2006年10月
碑文
交流教育発祥の地

 
交流教育発祥の地碑 交流教育発祥の地モニュメント
交流教育発祥の地 碑
同・モニュメント


移行中 http://840.gnpp.jp/koryukyoiku/