発祥の地bannar
吾が野田生の教育はこの地に発祥す
 [わがのだおいのきょういくはこのちにはっしょうす]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
北海道二海郡八雲町野田生
コメント
JR函館本線の野田生駅から 北東に500m。
国道5号(大沼街道)から少し南に入ったところに,天理教茅部分教会の立派な建物がある。 教会の入口に 高さ2mほどの白っぽい石碑が建っている。

野田生(のだおい)という地名は,野田追川河口付近が複雑な地形をしていたため,“頬のいくつかある場所”の意味の アイヌ語「ノタ・オ・イ」から出ている。「ノタオイ」は 川の名になり,川を境とする「野田生」「野田追」 という二つの地区名になった。いずれも「ノダオイ」であってまぎらわしかったためか, 1970(昭和45)年に 「野田追」が「東野」と改められた。

八雲町は 1878(明治11)年に,旧尾張藩の徳川家が付近一帯の土地を取得して 旧藩士を送り込み, 本格的に開拓を進めた。
明治中期には 野田追に学校が設けられていたが,通学距離が数キロにも及び 特に冬期の通学が 大変困難であった。 このため 1902(明治35)年になって,野田生神社近くの 青年同志会の建物を利用して「大柏野簡易教育所」が 設立された。開設当初の児童数は30名であったという。この施設は 現在の野田生小学校に引き継がれている。 (現在の野田生小学校の全児童数も 約30名)

この碑は 野田生小学校の創立80年を記念して 1987(昭和57)年に建立された

撮影日
2009年4月
碑文
    大柏野簡易教育所跡地
吾が野田生の教育はこの地に発祥す
    自明治卅五年八月廿三日 至同四十三年十二月十九日
            野田生小学校創立八十周年祝賀協賛会
              昭和五十七年十月卅一日建立 八雲町長 北口 盛 書


 
野田生教育発祥碑 天理教茅部分教会
野田生教育発祥 碑
天理教茅部分教会


移転先 http://840.gnpp.jp/nodaoinokyoiku/