発祥の地bannar
大阪衛生試験所発祥の地
 [おおさかえいせいしけんじょはっしょうのち] 


場所
大阪府大阪市中央区大手前3丁目
コメント
大阪市営地下鉄の谷町四丁目駅から 北東に200m。
大阪家庭裁判所の向い側, 大阪府庁新別館と 大阪府警本部の間の 南入口の植込みの中に 埋もれるように, 写真の石碑が建っている。

発祥碑の隣に「舎蜜局址」という石碑も建っている。 この場所には 1869(明治2)年に 理化学の教育機関として 舎蜜局(せいみきょく)が開設されたが, まもなく 洋学校と合併して「開成所」となり, さらに変遷を重ね 後に京都大学へと発展していった。
舎蜜局跡にできた「大阪司薬場」は 1887(明治20)年に「大阪衛生試験所」となり, 戦後一時空白期間があったが, 1949(昭和24)年に「国立衛生試験所大阪支所」となって 中央区法円坂に移転。 1997(平成9)年 国立衛生試験所は「国立医薬品食品衛生研究所」に組織変更となり, 現在 大阪支所は 茨木市に移転している。

発祥の地コレクションは、新サイト http://840.gnpp.jp に移行作業中です

撮影日
2006年10月
碑文
大阪衛生試験所発祥の地
 大阪衛生試験所は官営の医薬品試験機関 大阪司薬場として明治八年三月,この舎蜜局跡 に発足し,明治二十年五月の官制公布により 大阪衛生試験所となった。
 昭和二十年六月の大空襲で焼失し,業務停止に至る 七十年余,わが国における保健衛生行政の拠点として 多大な貢献をなした。
 昭和二十四年四月,国立衛生試験所大阪支所 として業務を再開し,現在は国立医薬品食品 衛生研究所大阪支所として,中央区法円坂において 引き続き試験研究業務を行っている。
 本年,業務開始から五十周年を迎え ここに記念碑を設置するものである。
  平成十一年十二月建立
      国立医薬品食品衛生研究所大阪支所

大阪衛生試験所発祥の地碑 舎蜜局址碑
大阪衛生試験所発祥の地 碑
舎蜜局址 碑


移転先 http://840.gnpp.jp/osakaeiseishikenjo/