発祥の地bannar
松下村塾発祥之所
 [しょうかそんじゅくはっしょうのところ]


場所
山口県萩市大字椿東
コメント
JR山陰本線の東萩駅から南東に800m。
県道11号線の“松陰神社北”交差点から月見川を挟んで南側に,松陰神社・松下村塾跡・吉田松陰歴史館などが並んでいる。松陰神社の南側に「玉置文之進旧宅」があって,その前に「松下村塾発祥之所」と書かれた碑が建っている。

松下村塾は,吉田松陰の叔父である玉木文之進が1842(天保13)年)に設立した私塾(第1代)で,松陰自身もここで学んでいる。その後玉木が藩に抜擢され官職に就いたため,松陰の母方の叔父にあたる久保五郎左衛門に代わった(第2代)。
ペリー来航の際に 松陰はアメリカに密航を企てたため捕らえられ,萩の野山獄に幽囚された。出獄後も自宅に幽閉されていたが,その間に近隣の子弟を集めて孟子の講義をはじめ,やがて松下村塾を主宰していた叔父までが聴講するようになり,自然に松下村塾の主宰は松陰に移った(1855=安政2年。第3代松下村塾)。ここで 高杉晋作をはじめ 維新の指導者となる多くの人材が育った。
松陰はその3年後に,幕府の老中・間部詮勝の暗殺を企て,そのため再度捕らえられ斬首刑に処された。

この地は 玉木文之進の旧宅だった場所で,門前には以下のような説明板が設置されている。

      玉木文之進 旧宅
 玉木文之進(1810〜76)は,吉田松陰の叔父に当り,杉家から出て玉木家(大組40石)を継いだ。生まれつき学識に優れ,松陰の教育にも大きな影響を与えたほか,付近の児童を集めて教授し松下村塾と名付けた。この塾の名称は後に久保五郎左衛門が継ぎ,安政2年(1855)には松陰が継承して,名を天下にあげるに至ったことから,この旧宅は松下村塾発祥の地といえる。
 建物は木造茅葺き平屋建てで,8畳の座敷のほか4畳の畳部屋・3畳半の玄関・4畳半の板間と土間の台所があり,別に湯殿・便所がある。
                   萩市

発祥の地コレクションは、新サイト http://840.gnpp.jp に移行作業中です

撮影日
2010年6月 (写真提供 K.T.さん)
碑文
松下村塾発祥之所

  松陰先生百年祭に当り
  亡父正之の遺志に依り建立
     昭和三十四年十月二十七日  玉木正光


 
松下村塾発祥之所碑 玉木文之進旧宅
松下村塾発祥之所 碑
玉木文之進旧宅

移行中 http://840.gnpp.jp/shokasonjuku/