発祥の地bannar
玉名教育発祥之地
 [たまなきょういくはっしょうのち]


場所
熊本県玉名市岩崎
コメント
JR鹿児島本線の玉名駅から北東に 1km。
国道208号から 250mほど北に入ったところに 熊本県の玉名地域振興局(玉名総合庁舎)がある。
この駐車場の真中に大きなエノキの木が聳えていて,その下に「玉名教育発祥之地」碑と 「玉名教育発祥の地碑とエノキ」という説明板が建っている。

この地は,1887(明治20)年に 玉名町小学校が創設されて以来,県立玉名高等学校,玉名中学校 (いずれも現在の校名)などが設立されて,他に移転して行き,1973(昭和48)年に 熊本県の玉名総合庁舎に生まれ変わるまでの 90年近い期間,ここは玉名市の教育の場であった。

撮影日
2009年3月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
玉名教育発祥之地
    玉名市長 橋本二郎書

(説明板)
     「玉名教育発祥の地」碑とエノキ
 この「玉名教育発祥之地」碑は,昭和48年(1973)に 玉名市立玉名中学校の同窓会・歴代校長会が建てたもの で,この碑で学校の変遷を見ることができます。

明治20年(1887) 高等玉名小学校,25年玉名高等小学校と校名変更
明治45年(1912) 玉名郡立実科高等女学校,大正9年玉名高等女学校と改称
大正12年(1923) 郡立から熊本県立に移管,高瀬高等女学校と改称,
昭和9年立願寺に移転
昭和10年(1935) 高瀬町・弥富村組合立玉名中央実習学校
のち玉名中央高等小学校・玉名中央青年学校と改称
昭和15年(1940) 玉名実業学校,昭和17年両町村合併で玉名町立となる
昭和19年(1944) 玉名町立玉名工業学校
昭和22年(1947) 学制改革で発足した玉名町立玉名中学校の第二校舎となる
昭和28年(1953) この地に新築移転,
29年市制施行で玉名市立玉名中学校となる
昭和48年(1973) 玉名中の統合移転により,ここに熊本県玉名総合庁舎が建つ

 エノキの大木は樹齢およそ300年,一時伐採の声もあ りましたが,文教の地にふさわしい樹木ということで関 係者の努力で保存され,現在に至っています。

      平成17年3月
    玉名町校区まちづくり委員会


玉名教育発祥之地碑
 玉名教育発祥之地 碑
総合庁舎とエノキ
 総合庁舎とエノキ