発祥の地bannar
土渕教育発祥之地
 [つちぶちきょういくはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
岩手県遠野市土淵町土淵7地割
コメント
JR釜石線の遠野駅から北東に5km。
カッパ伝説で有名なカッパ渕の北側に,全国唯一のカッパ狛犬で知られる“常堅寺”がある。寺の境内に,黒い自然石に「土渕教育発祥之地」と刻まれた石碑が建っている。

明治初年に学制が発布されて間もなく,この地域に「土渕小学校」が開設され,公立の初等教育が開始され,現在の遠野市立土渕小学校(常堅寺から500mほど北西)に受け継がれている。

土渕小学校の沿革
1877明治10年常堅寺に創立
1881明治14年「公立土淵小学校」と改称
1904明治37年校舎新築移転
1916大正5年飯豊分教場 及び 山口分教場を開設
1932昭和7年琴畑分教場開設
1947昭和22年新学制により「土淵村立土淵小学校」と改称
1951昭和26年栃内分校が土淵第二小学校に独立
1954昭和29年「遠野市立土淵小学校」と改称
1978昭和53年現在地に新校舎建築移転。山口分校閉校
1984昭和59年土淵第二小学校を本校に統合

土淵町は 柳田国男の「遠野物語」の生みの親である民俗学者・佐々木喜善の生まれ育った地で,それを語り継ぐ“子ども語り部”の活動が活発に行われており,また、しし踊り・神楽・さんさ踊り などの郷土芸能も継承されている。

(関連項目)  一ノ渡教育発祥の地

撮影日
2012年5月 (写真提供 K.T.さん)

 

移転先 http://840.gnpp.jp/tsuchibuchikyoiku/