発祥の地bannar
農業技術研究発祥之地
 [のうぎょうぎじゅつけんきゅうはっしょうのち] 


場所
東京都北区西ヶ原2丁目
コメント
北区滝野川に 財務省印刷局の工場と 滝野川消防署に挟まれて, 滝野川公園がある。
本郷通りに面する入口は 間口があまり広くないが, 奥行は 400〜500mもある 細長い公園である。
公園の中央付近に 公園管理事務所があり, その前に 下の写真の記念碑が建っている。

碑文によると, 農業技術研究所は 筑波学園都市に移転した となっているが, 現在 公園の東側に隣接して (というより, 公園に食い込むような配置で) 「農水省農林水産政策研究所」がある。詳しい事情は知らないが, 何だか “研究所の筑波移転”というより 研究所組織が拡大したにすぎなかったのではないかと いうような印象を受ける。

撮影日
2003年1月 
碑文
農業技術研究発祥之地

 明治26年4月 農商務省農事試験場が この地 東京府北豊島郡瀧ノ川村西ヶ原に創設され 我が国の農業技術研究は発祥した
 爾来87年 その間 昭和25年4月 農業技術研究所 と改称される等 組織機構の 変遷はあったが「西ヶ原」は常に近代農業関係試験研究機関の母体として 多くの輝かしい業績により 農業の発展に寄与してきた
 昭和55年1月 国立試験研究期間の筑波研究学園都市への移転に伴い この地での研究を終わる
 「西ヶ原」の栄光の不滅を祈念し ここに記念碑を刻む

農業技術研究発祥之地
 農業技術研究発祥之地