発祥の地bannar
埼玉県電灯発祥の地
 [さいたまけんでんとうはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
埼玉県川越市三久保町
コメント
西武新宿線・本川越駅の北東 800m。
東京電力の川越支社前に ごつい掲示板が建てられている。 「埼玉県電灯発祥の地」と書かれ, 「川越火力発電所跡地」「川越電気鉄道」の説明がある。

日本に初めて電灯が灯ったのは 1882(明治15)年。アーク灯を使った街灯が東京・銀座に 設置された時だった。まだ“発電所”というものがなく, 現地に小規模な(移動式の) 発電機を設置して 直流110vの電力を供給したという。
東京に初めて発電所ができて 一般家庭や企業などに電力を供給できるようになったのは, 1887(明治20)年のことだった。(「電燈供給発祥の地」を参照)

埼玉県における電力の供給は ここ川越が最初だった。
1903(明治36)年 川越電燈(株)が設立され, 翌年から この地に設置された発電所から 近隣の住宅などに電灯が灯された。 当初の給電対象は 川越町内431戸であったという。
さらに 川越電燈は 川越馬車鉄道と合併して 川越電気鉄道と改称し, 川越〜大宮間に敷設された電車に電力を供給するようになった。
後に 電力部門は鉄道部門と分離されて 帝国電燈に吸収され, 現在の東京電力に引き継がれている。

川越の町は, 江戸時代 新河岸川の舟運により江戸との物流が活発に行われて 商人の町“小江戸”と呼ばれ大いに繁栄し, 明治になってからも 埼玉県内最高の文化都市であり 政治経済の中心地だった。
明治になって 舟運に代わって 鉄道が乗客・物資輸送の役割を担うことになり, 1902(明治35)に 川越−大宮間(12.9km)に馬車鉄道が敷設され, 1906(明治39)年には 全国で7番目と 言われる路面電車が開通した。
この鉄道は, 後に 西武鉄道・大宮線となったが, 1940(昭和15)年に開通した 国鉄・川越線と 競合したため 廃止された。

撮影日
2007年9月
碑文
東京電力 埼玉県電灯発祥の地

  川越火力発電所跡地
東京電力川越支社は, かつては川越火力発電所でした。
明治三十七年(1904年)埼玉県下で初めての 石炭火力発電所として100kw発電機二台を 使用し, 川越町での電灯供給を開始しました。

  川越電気鉄道
発電所でつくられた電気を使い, 明治三十九年十月には, 川越〜大宮間を結ぶ電気鉄道が開通し, チンチン電車 の愛称で親しまれました。なお, 駅の跡地は 川越市立中央公民館となっています。

埼玉県電灯発祥の地碑 東京電力川越支社
埼玉県電灯発祥の地 碑
東京電力川越支社


移転先 http://840.gnpp.jp/saitama-dento/