発祥の地bannar
水力発電発祥之郷
 [すいりょくはつでんはっしょうのさと]


場所
山梨県西八代郡市川三郷町上野
コメント
JR身延線・甲斐上野駅から 300m南に 歌舞伎文化公園がある。
内の「文化資料館」と「ふるさと会館」の間の空間に, 一つの胸像と 「水力発電発祥之郷」と書かれた黒御影石の平板の碑が並んで建っている。

日本で最初の水力発電所は, 宮城県の三居沢発電所(1888=明治21年), 京都府の蹴上発電所(1891=明治24年) だが, 山梨県では 甲府電力が 1900(明治33)年に芦川第一発電所を建設し, ここから甲府市と地元に電力を供給したのが最初である。
この碑は 山梨県で最初の水力発電所が稼働して100年周年になるのを記念して建てられたもので, 並んで建っている胸像は 発電所の建設に尽力した 秋山喜蔵氏(甲府電力の創業者) を顕彰する ものである。

山梨県で最初の水力発電所・芦川第一発電所は この地から 1.2km南 (市川三郷町・光照寺の前)にある。 県道36号(笛吹市川三郷線)から 芦川によって深く刻み込まれた渓谷に狭い石段を下っていくと, 芦川に架かる吊橋があり, 対岸に 発電所の建物, その裏山には 発電用の水管が数本見える。
発電所の横には 山梨県の電力の発祥について 次の説明板がある。

    芦川から始まった山梨の電力

 山梨県に初めて電力を供給した芦川第一発電所は, 明治33年に運転を開始して以来平成12年で100年を迎えました。
 山梨県で初の電気事業計画は, 芦川の流れを利用して発電を行い, 甲府市などに電力を供給しようとするもので, その中心となったのが秋山喜蔵氏(1864〜1932)でありました。  秋山氏は, 明治25年ごろから発電事業の計画を練り始め, 県内の河川を視察して回っていた当時, 精進湖に滞在していたイギリス人教師が芦川を下った時に, 「この川は発電に最適だ」と秋山氏に薦めたのが発端であったといわれています。
 明治32年5月10日の, 東宮殿下(大正天皇)ご成婚の日には, 「市中各町とも国旗と軒灯をかけつらね, その繁華を集めたる八日町, 柳町通りはことに人出ははなはだしかりしが, 夜に入りては, 常磐町電力会社の花灯, 最も人目をひけり」, 本社前には「奉祝」という額と, 電球で形づくられた菊花のご紋章が飾られ, まばゆいばかりの明るさでお祝いがされたそうです。これが山梨県民の目にふれた最初の電気の光であったといわれています。
 当初の点灯数は甲府が882灯, 市川大門が283灯で, 電灯料金は10燭光で半夜灯50銭, 終夜灯70銭でした。ランプの油代が一ヶ月10銭であったので, 庶民にはかなり高い負担だったと思われます。
 建設当初の芦川第一発電所は次のとおりでした。
  水車  レッフェル型, 出力230馬力(約170キロワット), 落差27メートル
      流量1.4トン アメリカ製
  発電機 単相交流, 100ボルト, 105キロワット, 100ヘルツ, 芝浦製作所製
 甲府まで約3.5里(約14キロメートル)を3000ボルトの高圧で送電するために, 電柱250本が使用されました。また, 毎日の運転は「朝8時ごろ断水し, 常用人夫3人で木製の水槽や水路の漏水個所に「ヒワダ」を詰め, 14時ごろ通水し, 15時30分ごろ運転を開始し, 翌朝8時ごろ停止」というパターンで行われたそうです。  その後, 需要の伸びにより, 明治34年12月に二号機(出力150キロワット)を増設すると ともに, 設備改造を重ね, 一世紀を経過する現在, 最大出力470キロワットを発生する発電所として運転を継続しております。
 明治45年7月に甲府電力が本社を構えた地は, 現在の東京電力山梨支店の所在地であります。 「山梨に電気がともって百年」を迎えるにあたり, 長年にわたる地元のみなさまのご理解とご協力に深く感謝をするとともに, 明治・大正・昭和・平成の激動する百年の歴史の中で, 電気事業を支えてこられました先輩諸氏のご労苦とご努力に敬意を表し, ここ芦川第一発電所に山梨の電力発祥の歴史を刻み, 後世に継承するものです。

          平成十二年五月吉日 東京電力山梨支店

なお, 碑文などにある「三珠町」は, 2005年に 周辺の 市川大門町・六郷町と合併して「市川三郷町」 となった。

撮影日
2007年10月
碑文
水力発電発祥之郷

わが国の電気事業は明治二十年に移動式 発電機によって東京の鹿鳴館に白熱電球が 点灯されたのが始まりであった
山梨県においては甲府電力が明治三十三年 五月 当時の上野村樋田(現 三珠町)に建設 した芦川第一発電所の電気によってその 近隣と甲府や市川大門に最初の電灯が ともされた
芦川第一発電所は明治二十五年ごろ精進湖に 遊んでいたイギリス人牧師が芦川を下った時 この川は発電に最適だと地元の有力者に 薦めたことから出来上がったといわれている
この度 三珠町歌舞伎文化公園の竣工に あたり芦川第一発電所の開発から百年という 記念する年を迎え 東京電力山梨支店の 協力も得て 我が県の「水力発電発祥の郷」 としてここに記念碑を建立したものである
    平成六年四月吉日
            三珠町


 
水力発電発祥之郷碑
 水力発電発祥之郷 碑

吊橋と芦川第一発電所 「芦川から始まった山梨の電力」説明板
吊橋 と 芦川第一発電所
「芦川から始まった山梨の電力」説明板