発祥の地bannar
日本ガス事業発祥の地
 [にほんがすじぎょうはっしょうのち] 

場所
神奈川県横浜市中区花咲町3丁目
コメント
JR桜木町駅から 西に200m。横浜市立本町小学校がある。 この正門前に 一基のガス灯と 赤い御影石の発祥碑が建つ。
碑の台座には『ガス灯記念碑』と書かれていている。

高島嘉右衛門という人は 大変ユニークで活動的な人だった。 元々は材木商で財をなし, 横浜から桜木町の間に鉄道を通すために 遠浅の海を埋め立てる工事を請け負ったり, 外国人居留地で通訳の請負業をやったり, 学校をつくったり, ガス会社を作ったりしたほかに, さらに 易学『高島易断』を創始するなど 実に多彩な活動をした実業家だった。
横浜-桜木町間には この人の名前を取った「高島町」があり, また横浜駅の北側にある丘陵は「高島山」と呼ばれている。

発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

撮影日
1999年11月
碑文
日本ガス事業発祥の地

 明治3年, 高島嘉右衛門によって中区花咲町のこの地(当時の伊勢山下石炭蔵前)に ガス会社が設立された。高島はフランス人技師アンリ・プレグランを招いて, 明治5年9月29日(太陽暦10月21日), 神奈川県庁付近および大江橋から 馬車道・本町通りまでの間に ガス街灯十数基を点灯した。
これがわが国のガス事業の発祥である。
 明治25年4月, 横浜市瓦斯局となり, 昭和19年11月 東京ガス株式会社となった。
    昭和59年11月1日
         寄贈 東京ガス株式会社


 
日本ガス事業発祥の地碑 日本ガス事業発祥の地碑
日本ガス事業発祥の地 碑


移転先 http://840.gnpp.jp/nippon-gas-jigyo/