発祥の地bannar
花馬発祥の地
 [はなうまはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
栃木県芳賀郡益子町大字益子
コメント
真岡鐵道真岡線の益子駅から 南に700m。
益子駅から南に向かう県道41号が大きく左回りにカーブをした先の左側に 高尾神社がある。 鳥居の奥に2つの建物があり,右の建物が社殿,左が花馬の保管庫。
保管庫の手前左側に「花馬発祥の地」と刻まれた 比較的新しい碑が建っている。

“益子焼”で有名な栃木県益子町では,市内の鹿島神社の境内社である八坂神社で, 毎年7月下旬に“祇園祭”が行われる。
3日間の祭りの最終日には 各町内の屋台(山車)の巡行が行われ, この時に“花馬”(飾り馬)も屋台に乗せられて町を巡る。

花馬が練り歩く花馬祭は 岐阜県中津川市・長野県南木曽町 をはじめ,全国各地で開催されているが, 多くは 生きた馬の鞍に飾りをほどこした“花馬”であるのに対して, 益子の花馬は 実物大の金属製の馬が用いられるのが特徴である。
益子の花馬の由来,花馬が鹿島神社でなく 高尾神社に保管されている事情などは, 記録が見当たらないため よく分からない。

余談だが,益子の祇園祭は「御神酒頂戴式」で有名で “関東の三大奇祭”の一つと呼ばれる。
祭りの当番は 各町の持ち回りで,祭りの2日目に 当番の引継式が行われる。
一年を365日になぞらえた 3升6合5勺(約6.6リットル)の熱燗の酒が大盃に注がれ, 羽織袴姿の翌年の当番にあたる 10人の男達が これを3杯飲み干す儀式。
真夏の猛暑の中,男衆が顔を真っ赤にしながら大盃の熱燗を飲み干し, 五穀豊穣・無病息災を祈るこの行事は,町の民俗文化財となっている。

撮影日
2010年1月  (写真提供 T.H.さん)
碑文
花馬発祥の地
    奉納 花馬保存会
      平成十七年七月吉日
        石並自治会

 
花馬発祥の地碑 花馬
花馬発祥の地 碑
花馬 (高さ 2.3m,重さ 380kg)

高尾神社
高尾神社(右:社殿,左:花馬保管庫)
(写真の左端に発祥碑が見える)

移転先 http://840.gnpp.jp/hanauma/