発祥の地bannar
木原大念仏発祥之地
 [きはらだいねんぶつはっしょうのち]


場所
静岡県袋井市木原
コメント
JR東海道線の袋井駅から西に2.7km。
磐田から国道1号線を袋井市方向に行くと,磐田バイパスと合流し すぐに袋井バイパスと分岐する。 ここで、袋井バイパスに入らずに旧東海道(県道413号)を進むと およそ1kmで“木原”交差点がある。
木原交差点で北に入り込んですぐのところに「夢舞台東海道」という案内標識があって, これに「木原大念仏発祥の地」と書かれている。
近くに 駕籠の格好をした小屋(実はゴミ集積所)があって,その道路側に 木原大念仏の様子を表わす写真とともに 説明板が貼り付けられている。

「木原大念仏」は 静岡県西部(遠州地方)の各地に残る「遠州大念仏」の一つ。
武田信玄と徳川家康が戦った“三方ヶ原の戦い”の犠牲者を供養する目的で始まった念仏踊りで, 現在は宗教色は薄れて 娯楽性の強い行事となっている。
現在 各地に70ほどの“組”があり,8月のお盆の時期に新盆の家々をめぐり, 横笛や太鼓などに合わせて念仏を唱えながら踊り 死者の霊を弔う。

木原大念仏は 1981(昭和56)年に 袋井市の無形民俗文化財に指定されている。
発祥碑近くの説明板には 次のように書かれている。

  市指定無形民俗文化財 木原大念仏

 1578(天正6)年の夏,高天神城(大東町)から 徳川家康軍のようすを探りにきた武田勝頼の家臣, 笹田源吾は,木原村で討ち取られてしまいました。 その後,村には疫病がはやり, 源吾の霊のたたりではないかといわれるようになりました。 村人は,笹田源吾の墓をたて, その前で行った供養祭が木原大念仏の始まりと伝えられています。 毎年,8月13・14日の2日間,新盆の家をまわり行なわれます。

撮影日
2009年9月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
木原大念仏発祥之地
  袋井市 木原
  これよりどまん中袋井


 
木原大念仏発祥之地碑 木原大念仏発祥之地碑
木原大念仏発祥之地 碑

駕籠の形をした小屋
駕籠の形をした小屋
(木原大念仏の写真と説明板)