発祥の地bannar
古河提灯竿もみ祭り発祥の地
 [こがちょうちんさおもみまつりはっしょうのち]


場所
茨城県古河市横山町1丁目
コメント
JR東北本線の古河駅から北西に500m。
駅から茨城県道261号(野木古河線)を越え 神宮寺の100mほど西の“よこまち柳通り”を北に入ると, 武蔵屋本店の向い側に 広場がある。
広場の北東隅に 茶色の自然石に刻まれた「関東の奇祭・古河提灯竿もみ祭り 発祥の地」という碑が建っている。

「古河提灯竿もみ祭り」は 毎年12月の第1土曜日に開催され, 市内の各グループが 20メートル近い竹竿の先に提灯をつけ, 大勢で激しく揉み合いながら 相手の提灯の火を消しあう という祭り。 同様の祭りは 他所ではあまり見られず,「関東の奇祭」と呼ばれている。

この祭りは 江戸時代に古河藩領だった 野木町(古河市の北隣。現在は栃木県)にある野木神社の神官が, 御神体の神鉾を奉じて 神社の神領である7ヶ村の末社をめぐる“七郷めぐり”を終え, 12月3日の未明に帰社するのを,提灯をもって出迎えた人達が 寒さをしのぐために体を揉み合ったのが始まりとされ, 別名「おかえり」とも言われる。

撮影日
2009年4月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
関東の奇祭
  古河提灯竿もみ祭り 発祥の地

    ふるさと創生事業
      横山町自治会

 
古河提灯もみ祭り発祥の地碑
古河提灯もみ祭り発祥の地 碑