発祥の地bannar
南越谷阿波踊り 発祥の由来
 [みなみこしがやあわおどり はっしょうのゆらい]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
埼玉県越谷市南越谷1丁目
コメント
JR武蔵野線の南越谷駅 (東武伊勢崎線・新越谷駅)から 東に200m。 ポラス本社前に 写真の石碑が建つ。

越谷市で阿波踊りが始まったのは およそ20年前。毎年8月下旬に行われる。 見物客は50万人を越えると言われ, 踊り手も 70連, 5000人にもなり, 越谷市の一大行事になっている。
全国に阿波踊りを定例の行事として行っているところは多いが, ここは 本場徳島と 東京・高円寺に次いで規模が大きく, “三大阿波踊り”とも呼ばれる。
南越谷駅周辺の街灯のポールには 阿波踊りの飾り板がついている。

撮影日
2005年8月 
碑文
南越谷阿波踊り 発祥の由来

 阿波踊りは, 元来四国の徳島が発祥の地で, その起原は諸説 ありますが, 一説には, 天正15年(1587)に阿波一国(現 徳島県)を与えられた蜂須賀家政公が徳島城を築城した際, そ の落成祝賀行事に城下の人々が踊ったのが始まりといわれていま す。
 その阿波踊りを南越谷にと提唱したのが, 徳島県出身で越谷 市に本社を置く事業家の中内俊三氏でした。昭和58年(1983), 事業を営むものとして地元への恩返しを常に考えていた 中内氏は, 地域の人々にふるさと意識を呼び起こし, 地元越谷 が誇る“文化”として行きたいと, 郷土徳島の誇る“文化”正調阿 波踊りの開催に着目したのです。
 中内氏の呼びかけは, さまざまな関係者のご賛同, ご尽力を頂くこ とになりました。まず, 地元南越谷商店会・自治会・婦人会の 方々の多大なご助力が, 地域の人々の御理解とご協力を得るこ ととなり, 越谷市・警察の開催承認へと繋がっていきました。そして, 本場徳島の阿波おどり振興協会の方々による開催の全面的な ご指導は, 実現を大きく前進させることになりました。更に, 中 内氏が営む事業の協力会を始めとする取引会社の方々のご支 援により, 運営は可能なものとなっていきました。
 そうした多くの関係者のご尽力により, 提唱から2年後の昭和 60年(1985)8月24日, 第1回南越谷阿波踊りが 3万人の人出の中, 熱い産声をあげたのです。踊る楽しさと喜びは 多くの人々の共感を呼び, 踊りの輪は回を重ねる毎に大きく広が っていきました。そして今では, 延べ1万人に及ぶ開催全般のご協 力者のもと, 本場徳島・東京高円寺と併せて日本三大阿波踊 りといわれる地元の祭りに発展し, 夏の越谷に欠かせない風物 詩となりました。
 南越谷阿波踊りが今後益々地域の多くの人々を巻き込んで 盛大となり, 郷土越谷が誇る“文化”として永続していくことを 願いつつ, 平成16年(2004)の第20回開催記念として 本由来をここに刻みます。
         平成16年8月吉日
            寄贈 ポラスグループ協力会

発祥の由来碑 阿波踊りをかたどった飾り板
発祥の由来 碑
阿波踊りをかたどった飾り板


移転先 http://840.gnpp.jp/minamikoshigayaawaodori/