発祥の地bannar
習志野地名発祥の地
 [ならしのちめいはっしょうのち]


場所
千葉県船橋市薬円台4丁目
コメント
新京成線 習志野駅の南東 およそ500m。薬円台公園の東隅「郷土資料館」があり, その向かい合う位置に 船橋市の設置した碑と「明治天皇駐蹕之処」という大きな石碑が 建っている。
撮影日
2004年5月
碑文1
船橋市指定文化財(史跡)
  習志野地名発祥の地
    附 明治天皇駐蹕(ちゅうひつ)之処の碑
               1968年(昭和43)12月19日指定
 この地域一帯は, 江戸時代には徳川幕府の下総小金五牧 のうちの下野牧(しものまき)の一部で, 小金原あるいは大和田原といわ れ, 野馬の放牧が行われていた。
 明治6年, この原で近衛兵の天覧演習が行われ, 明治天 皇は4月29日, 県下に初めての行幸をされた。行幸に は, 徳大寺宮内卿・西郷隆盛・篠原国幹ほか多くの供奉者 が従い, 薩摩・長州・土佐の兵からなる4個大隊2800人の近衛隊が率いられていた。
 天皇は翌30日に演習をご覧になり, 5月1日皇居へ還 御された。同13日, 天皇より勅諭をもって, この原に「習 志野ノ原」の名を賜り, これが現在の「習志野」の地名 の発祥とされている。「習志野ノ原」は昭和20年まで陸軍 演習地として使用されていた。
 この碑は仙台石製で大正6年に建てられ, 習志野台4丁 目431の3にあったが, 平成6年6月に現在地に移転し た。碑文には地名を賜った由来が記されている。
  1994年(平成6)8月
          船橋市教育委員会

碑文2
明治天皇駐蹕之処
     元帥陸軍大臣公爵山県有朋謹書

習志野之原在千葉県下総国千葉郡壙野沙漠
連小金原本無特称明治六年四月二十九日
天皇率近衛兵親臨露営干此地櫛風沐雨統監
演武認地形尤適練習五月十三日賜名習志野
之原永定為陸軍操練場習志野之原名称ム於
茲今謹記其縁由云
大正六年十月建    陸軍大臣大島健一

習志野地名発祥の地碑 明治天皇駐蹕之処碑
習志野地名発祥の地 碑
明治天皇駐蹕之処 碑