発祥の地bannar
現代雪まつり発祥の地
 [げんだいゆきまつりはっしょうのち]


場所
新潟県十日町市宇都宮
コメント
JR飯山線と北越急行ほくほく線の 十日町駅から北東に600m。
ほくほく線の線路と 国道117号に挟まれた一角に,“越後妻有交流館キナーレ”がある。 この施設の正面玄関前に「現代雪まつり発祥の地」と書かれた石碑と,その上に大きく複雑な彫刻が載った モニュメントが建っている。
遠目には抽象的な彫刻に見えるが,ワラ帽子を被った7人の雪ん子をモチーフにした作品で, 像全体の高さは 昭和20年に市内で記録した最大積雪深さに合わせた,4.25mもあるという。

“雪まつり”というと すぐ思い出されるのは 札幌雪まつり だが,札幌の雪まつりは 1950(昭和25)年の2月18日に始まり, 十日町の雪まつりは これよりも2週間前の 1950年2月4日に 第1回が開かれた。 このため 1980(平成元)年の第40回目に「十日町は雪まつりの発祥の地」と宣言している。
この発祥碑は 今年(2009)の2月に開催された 第60回雪まつりを記念して建立された。

十日町の雪まつりは,メインイベントの「雪上カーニバル」,「音楽ライブ」「きものショー」「雪花火」などが行われ, 2009年は 約70基もの雪の彫刻(雪像)が制作され 市民や観光客を楽しませた。

撮影日
2009年7月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
現代雪まつり発祥の地

(副碑)
 十日町雪まつりは今から六十年 前の昭和廿五年二月四日に始まり 現代雪まつりの発祥地でもある  第一回は十日町文化協会(高橋 喜平会長)が主催し 主なるイベ ントは雪の芸術展や雪具供養の火 の周りで十日町小唄を踊る雪中カ ーニバルやスキー駅伝大会などで あった
 この年に雪まつりが始まったの は 終戦以来製造が禁止されてい た絹織物製品の生産が再開され 産地には明るい気分がみなぎって いたという社会的背景があった
      平成廿一年二月建立


 
現代雪まつり発祥の地碑
現代雪まつり発祥の地 碑