発祥の地bannar
日本の紅茶発祥の地
 [にほんのこうちゃはっしょうのち]


場所
静岡県静岡市駿河区丸子
コメント
JR東海道線の安倍川駅から 西に4km。
国道1号(東海道)の平成宇津ノ谷トンネルと 静清バイパスとの分岐点との中間で, 国道の南側を並行する旧道に面して「日本紅茶発祥の地 丸子紅茶」という大きな木の看板がある。

明治維新の際 静岡に移された徳川慶喜に従った 旧幕臣・多田元吉は,この地(丸子=まりこ)で茶畑を開拓した。 その実績が明治政府に評価され,元吉は中国・インドに派遣され 製茶技術を学んだ。
帰国後 インド・アッサム地方から持ち帰った紅茶(アッサム種)の原木を丸子にて栽培し, 日本で初めての紅茶製造を開始。欧米へも輸出されるまでに成長させた。
近くの長源寺には 元吉の墓があり,その脇にはインドから持ち帰った紅茶の原木が植えられている。

かつて 紅茶の国内生産量は 1,500トン以上あったが,1971(昭和46)年に 輸入自由化されてから激減し, 現在は 静岡県のほか 長野県・三重県・沖縄県などで 年間10トン程度生産されているにすぎず, ほとんどが輸入である。

撮影日
2009年5月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
日本の紅茶発祥の地
  丸子紅茶

 
日本の紅茶発祥の地 看板
日本の紅茶発祥の地 看板