発祥の地bannar
国産コーヒー発祥の地
 [こくさんこーひーはっしょうのち] 


場所
長崎県大村市寿古町
コメント

JR大村線の松原駅から南に2km。
国道34号(長崎街道)沿い,“空港北口”交差点から100mほど南に「国産コーヒー発祥の地」と書かれた看板が建っている。

コーヒーが初めて日本にもたらされたのは 江戸時代の18世紀初めのころ,長崎出島に伝えられた。オランダ商館に出入りする一部の商人や遊女などが最初にコーヒーを味わったとされ,やがて一般の蘭学者・役人などに少しずつ広まった。
狂歌の作者で名高い太田蜀山人は 1804年に「紅毛船にて“カウヒイ”といふものを勧む。焦げ臭くして味ふるに堪えず」とコーヒー飲用体験記を書いている。
広く一般にコーヒー飲用の習慣が広まったのは,明治に入ってからである。

日本におけるコーヒーの栽培は,オランダ留学中に関心を抱いた榎本武揚が,1878(明治11)年にジャワから運ばれた苗木を使って 小笠原島で行われたものが最初とされる。しかしこれはごく小規模なもので,サトウキビ栽培に比べると経済性に劣ることから やがて廃れてしまった。
その後 沖縄などで栽培が試みられたが いずれも成果はみられなかった。
現在は,沖縄・九州・小笠原などで,個人や小規模農園・観光農園で生産・販売が行われている。

この看板がある場所には“スコーズ”というカフェレストランがあり,“長崎スコーコーヒーパーク”という観光農園を開いている。店の裏手に 300坪の温室があり,200本のコーヒーが栽培されている。コーヒーの実は2月から4月にかけて収穫され,他に パパイヤ・マンゴー・バナナ等の果樹があって,熱帯植物園の雰囲気となっている。
しかし,この地が「国産コーヒー発祥の地」と呼ばれる由来は 資料が見あたらずはっきりしない。
ちなみに店名の「スコー」という名称は,地名「大村市寿古町(すこまち)」に由来するネーミング。

撮影日
2012年5月 (写真提供 OLDMANさん)
碑文
国産コーヒー発祥の地
    スコーコーヒーパーク

 
国産コーヒー発祥の地 看板(1)
国産コーヒー発祥の地 看板(1)
国産コーヒー発祥の地 看板(2)
国産コーヒー発祥の地 看板(2)
「国産コーヒー発祥の地」と書かれたコーヒー缶
「国産コーヒー発祥の地」
 と書かれたコーヒー缶
@長崎スコーコーヒーパーク