発祥の地bannar
九州地麦酒発祥之地
 [きゅうしゅうじびーるはっしょうのち]


場所
大分県由布市湯布院町川南
コメント
JR九大本線の由布院駅から 南に200m。
温泉旅館“ゆふいん山水館”の敷地内に“ゆふいん麦酒館”がある。 赤レンガ造り風の建物のビール醸造所で, レストランを併設している。
道路に面した入口に「九州地麦酒発祥之地」と書かれた看板が掲げられている。

日本では長い間 年間 2000キロリットル以上の製造能力を有する企業でなければ ビールを醸造することは許されなかったが,1994(平成6)年の酒税法改正により “最低製造数量基準”が 60キロリットルに緩和され, これによって 地域密着・小規模醸造のビール会社によって, 地方ごとのローカルブランドのビール(=地ビール)が醸造されるようになった。

ゆふいん麦酒館は“ゆふいんビール株式会社”の醸造所。九州で第一号となる地ビール会社で, 1994年に設立され 翌1995(平成7)年から ドイツタイプの地ビールの製造を開始した。
製造量が限られているため,ここ“ゆふいん麦酒館”と“ゆふいん山水館”のみで提供されていたが, その後 大分空港や JRの特急車内などでの販売を開始し,最近では 通信販売も行っている。

撮影日
2008年10月
碑文
九州地麦酒発祥之地
九州地麦酒発祥之地看板 ゆふいん麦酒館
九州地麦酒発祥之地 看板
ゆふいん麦酒館