発祥の地bannar
ル レクチエ発祥の地
 [る れくちえはっしょうのち]


場所
新潟県新潟市南区東萱場
コメント
JR信越本線の田上駅から西に8km。
市立月潟小学校の東,中ノ口川と国道8号の間に広がる梨園の中に 茶色の自然石で造られた発祥碑が, その前に 黒い小型の副碑が建っている。

「ル レクチエ」は西洋梨の一種。
西洋梨の品種は数千種あるといわれるが,日本で栽培されているのは20品種程度。 その中で 60%以上が“ラ・フランス”。次に“バートレット”と“ル レクチエ”がそれぞれ 6〜7%のシェアで続いている。
文字通りヨーロッパの原産で,日本には 明治初期に導入されたが,気候が西洋梨の栽培に適さないため あまり普及せず,缶詰として少ない量が流通していたにすぎず,生食用として出荷量が増えたのは 昭和30年代以降のことである。
現在は 秋田県をはじめ 東北・長野・新潟などで 年間3〜4万トン出荷されているが, これは普通のナシ(和梨)の 100分の一ほどの少ない量である。

ル レクチエは,1903(明治36)年に 茨曽根村(当時)の小池左右吉氏が,原産地フランスから苗木を輸入して 栽培を始めたのが発祥とされる。以来100年余り経った現在,信濃川流域を中心にル レクチェが栽培され, 新潟県が圧倒的なシェアを有する。
1993(平成5)年に 小池氏の業績をたたえて この発祥碑が建立された。

碑の近くには,小池氏が取り寄せた苗木から育った 樹齢100年とされる古木が, 今も元気に実をつけている。古木の脇には説明板が設置され,次のように書かれている。

西洋なし  ル レクチエ古木
    所有者/小池美與志氏

 明治35年,当時の中蒲原郡茨曽根村で農業を営んでいた故小 池左右吉氏は,ウラジオストクを訪れ,そこで高値で取引きされ る西洋なしに注目,そして明治30年代後半頃に原産地フランス から数品種の苗木を直輸入,栽培に取り組み,わが国で初めて果 実を実らせました。
 その中にあった一品種「ル レクチエ」。極めて美味ながら,栽 培技術の難しさから幻の西洋なしとしてごく一部にしか知られて いませんでしたが,近年,栽培技術の向上により,新潟県の特産 果樹として各方面から高い評価を得るようになり,年々生産量も 増えています。

撮影日
2009年7月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
日本における西洋なし
  ル レクチエ発祥の地
      新潟県果樹振興協会会長
        衆議院議員 小沢辰男 書

(副碑)
  実施主体
  日本における西洋なし
  ル レクチエ発祥の顕彰
  及び古木保存の会
  実施主体代表
  新潟県果樹振興協会
  白根市
  寄贈
   新潟県  新潟県経済連
   新潟県農業共済連  関係市町村
   関係農業協同組合  関係生産者団体
   関係有志
     平成五年十二月 建之

 
ル レクチエ発祥の地碑
 ル レクチエ発祥の地 碑
ル レクチエ古木の説明板
 ル レクチエ古木の説明板