発祥の地bannar
真桑うり発祥の地
 [まくわうりはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
岐阜県本巣市政田
コメント
黄色い皮に緑色の縞模様。直径5センチほどの 米俵かラグビーボールのような形をしたマクワウリは,最近ほとんどみかけることがなくなった。
子どもの頃 果物がほとんど手に入らず,たまにマクワウリを譲ってもらうと 大変うれしかったものだ。最近のメロンに比べれば味は劣るものの,当時としては甘く極上の果物だった。皮は黄色で厚く,『瓜の皮 厚くむきゃんせ お里が知れる あとで皮食や同じこと』という戯れ歌を 親父がよく口にしていたのを思い出す。この地方では 西暦2世紀ごろにマクワウリの栽培が始まったという言い伝えがあり,「マクワウリ」の名前は この地の旧地名「岐阜県本巣郡真桑村」から来ている。

撮影日
2010年5月 (写真提供 T.H.さん)

 

移転先 https://840.gnpp.jp/makuwauri/