発祥の地bannar
麦焼酎発祥地
 [むぎじょうちゅうはっしょうち]


場所
長崎県壱岐市郷ノ浦町志原西触
コメント
九州本島と対馬の間,唐津市鎮西町からおよそ40km北西に壱岐島がある。
島の南部,国道382号で郷の浦港から印通寺港に行く途中(壱岐で一番高い山“岳の辻”の北麓)に 玄海酒造の酒蔵がある。蔵の道路面に「麦焼酎発祥地」と書かれた 一升瓶をかたどったモニュメントが建っている。

壱岐は「魏志倭人伝」にも名前が現われるほど古くから 日本と中国大陸とを結ぶ文化交流の要衝の地であった。 この壱岐島に16世紀ごろ,麦を原料として 中国から伝わった製法で 壱岐独特の焼酎が生まれた。 このことによって 壱岐は「麦焼酎発祥の地」と言われる。

焼酎の歴史は 15世紀ごろに伝えられた蒸留酒を基に 琉球で開発された“泡盛”に始まる。 その後 薩摩に伝えられ,室町時代(16世紀)には 鹿児島県で広く生産された。
初期には 米を原料とした米焼酎が,江戸時代になると 栽培が始まったサツマイモを用いた芋焼酎が主に造られたが, 麦焼酎は 長くマイナーな存在であった。麦焼酎が商業ベースで大量に製造されるようになったのは, 大分県で1970年代以降のことで,これが焼酎ブームに乗って“大分麦焼酎”の名前で全国に広まった。

撮影日
2009年3月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
麦焼酎発祥地
    むぎ焼酎 壱岐
    明治33年創業

 
麦焼酎発祥地碑 麦焼酎発祥地碑
 麦焼酎発祥地 碑     .