発祥の地bannar
利平栗発祥の地
 [りへいぐりはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
岐阜県山県市大桑
コメント

利平栗は 普通の和栗より粒が大きく 甘みが強いのが特徴。皮が厚いため むきにくい。
この栗が開発されたいきさつは 下記の説明に詳しく書かれているが,岐阜県大桑村(現・山県市)の土田健吉氏が,大粒の和栗“大桑大粒”と 甘味の強い中国の“天津甘栗”を掛け合わせて,1940(昭和15)年に開発した。『一度でも利平栗を食べると ほかの栗は食べられなくなるほど美味しい』と評される。

撮影日
2010年5月 (写真提供 T.H.さん)

 

移転先 https://840.gnpp.jp/riheiguri/