発祥の地bannar
清酒発祥の地
 [せいしゅはっしょうのち] 


場所
兵庫県伊丹市鴻池
コメント
阪神電鉄宝塚線・中山駅の南東 2.5km。 伊丹北高校・天王寺川中学・鴻池小学校を結んでできる三角形の中心付近の, 少し住宅地に入り込んだ場所に, 3つの酒樽を積み上げたデザインの発祥碑が建っている。

この地は かつて鴻池家があった場所。
もともと 伊丹・池田などの 摂津北部は 酒の生産地であった。当時 日本酒といえば濁り酒であった。
慶長年代(1600年ごろ)に 鴻池幸元によって清酒の大量生産技術が開発され, 一般大衆にも清酒が流通するようになった。
伊丹で造られた酒は 伊丹酒(いたみざけ)などと呼ばれ, その名前は江戸でも高まり 高値で取引された。
鴻池家は, 17世紀の初めに 伊丹から大坂に進出し, 大坂‐江戸間の海運業や酒造業などを 手がけて成功, さらに 両替商などに手を広げ, 豪商鴻池・鴻池財閥に発展していった。

撮影日
2006年10月
碑文
清酒発祥の地
  平成十二年十一月吉日

清酒発祥の地・鴻池
 戦国時代の天正6年(1578年), 尼子氏の家臣山中 鹿之助の長男, 新六幸元(ゆきもと)が遠縁を頼ってここ鴻池村に 住みつき, 酒造りを始めました。最初は濁り酒を造っ ていましたが, 慶長5年(1600年)に双白澄酒(もろはくすみざけ)(清酒) の製法を初めて発見することができました。
 この清酒を江戸へ運んで販売し, 次第に財を貯え, 後に分家を大坂に出して, 酒販売・海運業・金融業 でも成功を収めました。これが豪商・鴻池家の始まり です。
 ここから北西約140mにある児童公園に建つ「鴻池 稲荷祠碑」には, そうした鴻池家の歴史が詳しく記 され, 清酒発祥之地・鴻池の栄光を今に伝えています。
清酒発祥の地碑 清酒発祥の地碑
清酒発祥の地 碑