発祥の地bannar
都市型保健所発祥の地
 [としがたほけんじょはっしょうのち]


場所1
東京都中央区明石町
コメント
地下鉄・日比谷線の築地駅から 南東に400m。
聖路加国際病院の南,道路を挟んだ向い側に 中央区立の福祉センター・タイムドーム明石(天文館)・明石町保育園・保健所などが入った 細長い複合ビルがある。この建物の西端の入口スロープの手すり下に「都市型保健所発祥の地」と刻まれたプレートが埋め込まれている。

関東大震災の直後,米国ロックフェラー財団から災害地復興援助の一環として,公衆衛生専門家の育成・訓練機関の設立について提案があった。これ基いて 中央に教育機関を,都市および農村地区にそれぞれの訓練機関を設置することになり,1937(昭和12)年に 東大医科学研究所の敷地内に「公衆衛生院」を,埼玉県所沢市に「農村保険館」を,東京・京橋区に「都市保健館」を建設して 財団から日本に寄付された。これら施設に対して財団は総額350万ドルを拠出したとされる。

都市保健館は 都市住民の健康指導・相談センターとして,農村保健館は農村型のセンターとして,保健所のモデル的な役割を果たした。
昭和12年に “保健所法”が制定され,農村保険館は所沢保健所に,都市保健館は京橋保健所と改称され,同時に全国各地に 40個所の保健所が設立され 母子保健・栄養改善・結核などの疾病対策が行われるようになった。

現在 保健所は都道府県の設置するものと,規模の大きい一部の市(東京の場合は23区)が設置するものとがある。つまり 公衆衛生業務は一種の二重構造となっており,また 保健所の他に“保健センター”という組織が設置されている場合もあり,外部から見るとそれらの役割分担が見分けにくい。

(関連項目) 
保健所発祥の地(所沢市)  .

撮影日
2010年11月 (写真提供 T.K.さん)
碑文1
都市型保健所発祥の地

    沿革
  昭和10年1月 東京市特別衛生地区保健館として誕生
  昭和12年12月 ロックフェラー財団の基金による庁舎援助
  昭和19年10月 東京都立中央保健所となる
  昭和23年10月 東京都中央保健所となる
  昭和50年4月 東京都中央区中央保健所となる
  昭和57年11月 現庁舎竣工


 
都市型保健所発祥の地 碑
都市型保健所発祥の地 碑

中央区保健所
中央区保健所

中央区保健所 入口スロープ
中央区保健所
   入口スロープ