発祥の地bannar
日本近代医学発祥之地
 [にほんきんだいいがくはっしょうのち] 


場所
京都府京都市中京区因幡町
コメント
阪急京都線の大宮駅から 北西に500m。
六角通りに面して 満福寺の西に, 更生保護施設“盟親”がある。 この敷地の外側に「日本近代医学発祥之地」と刻まれた 高さ1.2mぐらいの石碑が建つ。

ここは 江戸時代中期に設置された“六角獄舎”の跡地で, 幕末には 勤皇の志士などの政治犯が 多く収容された。
明治以降は 京都府の監獄となり 後に山科刑務所に移転した。明治末期になって 甦生保護施設となり 現在に至っている。

この地が「近代医学発祥之地」と呼ばれる由縁は, 医学を学んだ 山脇東洋が, この六角牢獄で 刑死者の解剖を行い 実地に人体構造を観察したことによる。
この時の解剖は, 杉田玄白が 江戸で同様の解剖を行う 17年前のことであった。 この事実を顕彰するために この石碑が建てられた。

“盟親”の敷地内には「山脇東洋観臓地の碑」が建つ。

日本近代医学のああけぼの
  山脇東洋観臓之地
    1754 宝暦余年閏2月7日

   近代医学のあけぼの 観臓の記念に
1754年 宝暦4年閏2月7日に 山脇東洋 (名は 尚徳 1705-1762) は 所司代の官許をえて この地で日本 最初の人体解屍観臓をおこなった
江戸の杉田玄白らの観臓に先だつこと 17年前であった
この記録は5年後に「蔵志」としてまと められた
これが実証的な科学精神を医学にとり 入れた成果のはじめで 日本の近代医学 がこれからめばえるきっかけとなった 東洋のこの偉業をたたえるとともに 観臓された屈嘉の霊をなぐさめるため ここに碑をたてて記念とする
      1976年3月7日
          日本医師会
          日本医史学会
          日本解剖学会
          京都府医師会
撮影日
2007年6月
碑文
日本近代医学発祥之地

   山脇東洋顕彰
     昭和五十一年三月

日本近代医学発祥之地碑 山脇東洋観臓之地碑
日本近代医学発祥之地 碑
山脇東洋観臓之地 碑