bannar
大分県病院兼医学校開設の地
 [おおいたけんびょういんけんいがっこうかいせつのち]


場所
大分県大分市高砂町
コメント
JR大分駅の北西700m。
昭和通りに面して NHK放送局,全日空ホテル,イイチコ文化センターなどが入っている “OASISひろば21”という名前の複合施設がある。
この建物に向かって右側の 地下駐車場の入口近くに,「大分県病院兼医学校開設の地」「大分県看護教育発祥の地」 という2つの記念碑が並んで建っている。

明治新政府は,医療技術としては それまでの漢方医術に代わり 西洋医学に順次転換することになり, 全国に病院を開設していった。明治10年の病院数は 官立・私立を併せて159に及んだという。 大分県では 1880(明治13)年,この地に医師養成機関を兼ねた県立の病院「大分県病院兼医学校」を開設した。
その後 貧困家庭に対する無償治療などが原因で財政的な問題を生じ,一時的に 私立の「大分病院」となったが, 伝染病が流行したことを契機に,1899(明治32)年に 再び「大分県立病院」に戻った。

終戦直前に空襲で病院が全焼したが 戦後すぐに再建。その後順調に規模を拡大していったが, 施設の老朽化・狭隘化を解消するため,1992年(平成4)年に 現在地(大分市豊饒=この地より南に3km)に 新しい施設を建築して移転した。
跡地には 1998(平成10)年に“OASISひろば21”が建設された。

撮影日
2006年10月
碑文
大分県病院兼医学校開設の地
    明治13年(西暦1880年)3月

大分県病院兼医学校開設の地碑
 大分県病院兼医学校開設の地 碑
大分県病院兼医学校開設の地碑と大分県看護教育発祥の地碑
 大分県病院兼医学校開設の地碑と
 大分県看護教育発祥の地碑