bannar
大分県看護教育発祥の地
 [おおいたけんかんごきょういくはっしょうのち]


場所
大分県大分市高砂町
コメント
JR大分駅の北西700m。
昭和通りに面して NHK放送局,全日空ホテル,イイチコ文化センターなどが入っている “OASISひろば21”という名前の複合施設がある。
この建物に向かって右側の 地下駐車場の入口近くに,「大分県病院兼医学校開設の地」「大分県看護教育発祥の地」 という2つの記念碑が並んで建っている。

この碑は,2001(平成13)年に,大分県立厚生学院の閉校に際して,その由来を記録するために建立された。
1903(明治36)年, 大分県立病院の中に「大分県産婆養成所」が開設され,その後「大分県産婆看護婦養成所」と改称。 1953(昭和23)年に「大分県立厚生学院」となり,看護婦・保健婦・助産婦を養成してきた。
1998(平成10)年に 看護学部のみの単科大学「大分県立看護科学大学」が設置され, 厚生学院は これに移行する形で 2001年に閉校となった。

発祥碑は 背の低い植え込みに隠れるように設置されている。このため 碑の下部に なお数行の碑文が あるのに 読めない状態になっている。灌木で囲むと美しいとでも思ったのかもしれないが, 人に見せるために設置したはずの記念碑を隠してしまうような設置の仕方をするのは 困ったことである。

撮影日
2006年10月
碑文
大分県看護教育発祥の地
  2001年3月9日建立
  大分県立厚生学院卒業生一同

   大分県立厚生学院の歩み
    明治36年4月  大分県大分郡大分町字西新町の
           大分県立病院内に大分県産婆養成所開設
    明治39年4月  同養成所に看護婦部を併設し,大分県産婆
           看護婦養成所と改称

    (以下 数行読み取れず)


 
大分県看護教育発祥の地碑
大分県看護教育発祥の地 碑
大分県病院兼医学校開設の地碑と大分県看護教育発祥の地碑
 大分県病院兼医学校開設の地碑と
 大分県看護教育発祥の地碑