発祥の地bannar
本邦帝王切開術発祥之地
 [ほんぽうていおうせっかいじゅつはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
埼玉県飯能市坂元
コメント
西武池袋線の正丸駅から 北に1.5km。飯能の山の中。正丸トンネルの少し南に, 国道に 面して 写真の立派な石碑が建っている。

「帝王切開」とは 産婦の子宮を切り開いて胎児を取り出す手術法のこと。 英語で "Caesarean Operation" と呼ばれるが, これを “シーザーの手術”と訳して, 「ローマ皇帝・ジュリアス・シーザーがこの手術に よって生れたので『帝王切開』と呼ぶ」とする説により, 日本では「帝王」の名前が ついたが, 現在では 「切開によって生まれた」を意味するラテン語から来たとする説が有力。

日本における帝王切開は, 1852(嘉永5)年に 秩父郡我野正丸(現在の埼玉県飯能市坂元) で行われたのが 記録に残る最初の例である。詳しい事情は 碑文でほぼ明らかだが, 陣痛から3日経っても生まれない難産で 胎児は子宮内で死んでしまったため, 母胎を救うために 手術分娩に踏み切ったとされる。 手術後 母親は感染による発熱や腸閉塞で苦しんだが, 2カ月で全治したという。
この後, 第2例目の帝王切開は 30年後の1882年に 千葉県佐原で行われた。

当時 帝王切開の安全性は非常に低く, 19世紀のヨーロッパにおける 母親の死亡率は 75%にもおよんだ。出血と手術後の細菌感染が原因だった。 そのような状況で, 伊古田純道・岡部均平の両医師が, このような山深い土地で 麻酔すらない中で, 果敢に手術を行い 成功させたのは 奇跡的な出来事であった。
ちなみに 嘉永5年といえば, 黒船来航の翌年のことである。

現在も 本橋家には帝王切開が行われた部屋(納戸)が残されている。 「本邦帝王切開術発祥の地」の記念碑は 飯能市の史跡に指定されている。

撮影日
2005年9月  (写真提供 H.O.さん)
碑文
本邦帝王切開術発祥之地
 嗚呼実ニ西医ノ賜ナリ 自今若シ此ノ
如キ難産ニ遇テ母子両全ヲ得ン事ヲ欲セハ 速
ニ此ノ術ヲ施スニ如カス 只恐クハ世人ノ倍セ
サル事ヲ 冀クハ救世ニ志シアルモノ 西医ノ我
ヲ□サルヲ知テ疑ヲ存スル事勿ン 之ヲ記シテ
以テ同志ニ貽ル
    嘉永五年壬子四月廿七日
        秩父大宮
          伊古田純道識
    伊古田純道識筆「子宮截開術実記」より

  ----------------------------------

 1852年(嘉永5年)6月12日(旧暦4月25日)ここ本橋家で 我が国最初の帝王切開術が行われた
 難産に苦しむ本橋みと(1820-1908)の生命を救うため 秩父郡大宮郷(現秩父市)の伊古田純道と秩父郡我野郷南川村(現飯能市)の岡辺均平とが 親族への説明と承諾の下に子宮切開術を実施して胎児を出し 産婦も手術によく耐えて 満88歳の長寿を全うした
 鎖国下 オランダ産科書の翻訳を頼りに日本で初めての開腹術 しかも致命率の高かった帝王切開術を麻酔なしに成し遂げたことは まさに奇跡的成功であった その後1879年(明治12年)まで27年間本邦でこの手術が行われた記録はない
 伊古田純道の『子宮截開術実記』の結びには西洋医術の成果に対する感動と確信が延べられている
 術後135年を経過した今日 本橋家の地内に記念碑を建てて その偉業をたたえる
  1987年6月12日
        「帝王切開術発祥の地」記念会
              日本医史学会
              日本産科婦人科学会
              埼玉県医師会


 
本邦帝王切開術発祥之地 本邦帝王切開術発祥之地
本邦帝王切開術発祥之地 碑



移転先 http://840.gnpp.jp/teiosekkai/