発祥の地bannar
磯節発祥の地
 [いそぶしはっしょうのち] 


場所
茨城県東茨城郡大洗町磯浜町
コメント
鹿島臨海鉄道・大洗鹿島線の大洗駅から 西におよそ2.5km。
太平洋を近くに望む“大洗海岸公園”の北西側にある“観光情報センター”裏に, 磯節発祥の地の碑が建っている。
碑には 西條八十の書による 歌詞の一節も書かれているが, 西條八十の作詞ではない。

磯節の由来については 碑文に書かれているが, 文中「関根安中」の名前が見られる。
盲目の関根安中は, 明治時代の大横綱 常陸山(水戸出身)の巡業に同行し, 旅先で磯節を披露し, その独創的な節まわしと独特な歌声で磯節を全国に広めた。
碑の前に立つと 「磯節」の録音が流れてくるが, これは 今日普通に歌われている「磯節」とは違い, 関根安中が歌ったものだという。

磯節は 茨城県東部の 大洗・那珂湊 周辺で歌われてきた有名な民謡で, 江差追分(北海道)・博多節(福岡県)とともに“日本三大民謡”の一つとされることがある。 しかし 三大民謡としては 「花笠踊り・郡上おどり・阿波踊り」とする別の説もあって 定かではない。

撮影日
1999年2月 (写真提供 徳利旅さん)
碑文
磯節発祥の地

  磯で名所は大洗さまよ
    松が見えます ほのぼのと
            西條八十

   磯節の起源
磯節は古くから当 地方の舟唄として 唄われ明治の初期 祝町の郡人渡辺竹 楽房が音律を整え その後本町生まれ の名人関根安中が 全国に広めた郷土 芸術である。茲に 本場磯節の保存を 希い磯節まつりを 記念してその起源 を刻し永く後世に 伝えるものである。
   昭和39年 大洗町長加藤清


 
磯節発祥の地碑
 磯節発祥の地 碑