発祥の地bannar
「からたちの花」発祥の地
 [からたちのはな はっしょうのち] 


場所
東京都豊島区南大塚1丁目
コメント
JR山手線・大塚駅から南東に600m。 巣鴨小学校の近くに「日本キリスト教団 巣鴨教会」がある。 教会の敷地内 北東隅に 茶色の石碑が建っており, 山田耕筰が自伝『若き日の狂詩曲』に 書いた文章の一節と, 童謡「からたちの花」の歌の楽譜が刻まれている。

巣鴨教会は 牧師・田村直臣が 1894(明治27)年に数寄屋橋より移転したキリスト教会で, 苦学生の救援組織「自営館」(仕事を与え自活しながら勉強をさせた寄宿舎)や 「大正幼稚園」が併設された。田村は後に 東京YMCAの発起人となっている。
山田耕筰は 10歳で父を亡くし この自営館に預けられた。
「からたちの花」は, 山田耕筰が少年時代を過ごした「自営館」での淋しい想い出を白秋に話し, これに共感した北原白秋が作ったとされる。1925(大正14)年に発表した詩に 山田耕筰が曲をつけた。

撮影日
2006年7月
碑文
山田耕筰歌曲 「からたちの花」発祥の地

  枳殼の, 白い花, 青い棘, そしてあの
  まろい金の実, それは自営館生活
  に於ける私のノスタルヂアだ。その
  ノスタルヂアが白秋によって詩化
  され, あの歌となったのだ。
              山田耕筰

(裏面)
  田村直臣の自営館ここに建つ
  神と人とに仕えし多くの頴も巣立てり
      (AD 1888-1919)
      麻布大学学長 中村経紀書

  1992年11月建立
    東京都豊島区
    日本基督教巣鴨教会
    大正幼稚園卒園生
    巣鴨幼稚園父母の会
    住友銀行大塚駅前支店
    金子義男
    浅羽久美子
    田辺仲次
    有志一同

    記念碑実行委員会

「からたちの花」発祥の地碑 巣鴨教会
「からたちの花」発祥の地 碑
(碑面の楽譜はこちら)
巣鴨教会