発祥の地bannar
草津節発祥の地
 [くさつぶしはっしょうのち] 


場所
群馬県吾妻郡草津町
コメント
草津温泉街の中心部, 囲山公園の南東端に接して 大阪屋旅館が, その向かい側に 古久長旅館が ある。古久長旅館の横に「鷲乃湯跡」という石碑と一緒に 草津節発祥の地碑が建っている。

草津温泉は 草津白根山の東麓にあり, 湯量が日本一豊かで 湯温が高く, かつ強酸性の温泉として知られている。
この温泉は, 日本武尊が東征の折発見したと伝えられ, 鎌倉時代には 源頼朝が, 戦国時代には 武田信玄ら入浴したという記録もある。 明治になり, 草津を訪れたドイツ人医師ベルツにより 草津温泉の医学的効能の研究が行われ, 世界的に知られるようになった。

草津温泉は「時間湯」という独特の入浴法があることでも有名。 50度から 場所によっては90度以上もの高温で, しかも刺激の強い酸性泉。この高温を生かして 温泉療法として利用するのが「時間湯」。
時間湯は 入浴を指導する湯長の号令の下で, 時間を3分に区切って入浴する。 30cm x 180cm の板で湯を揉んで温度を下げ, 湯を柔らかくする。この作業を20分〜30分かける。 この時に 調子を取るため歌われるのが「草津よいとこ一度はおいで〜 ドッコイショ」 という あの草津節である。
現在は その湯揉みが ショーとして再現されている。

草津節は, 様々な歌詞がつけられ 歌われていたが, 現在の歌詞の原形は 大正7年に草津を訪れた 平井晩村の作と言われる。

発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

撮影日
2005年5月  (写真提供 H.O.さん)
碑文
草津節発祥の地

    鷲乃湯跡地
「鷲乃湯」の由来は, その昔, 傷ついた鷲が この湯により傷を治したという故事によって 後世に伝えられています。「鷲乃湯」は江戸 時代から廃止される昭和44年までこの場所 にあり, 草津温泉ならではの独自の入浴法 「時間湯」の共同浴場として, 盛んに利用さ れ親しまれていた草津温泉を代表するもっと も古い源泉浴場の一つでした。

〔時間湯〕
源泉の効能を保つために“湯揉み板”で温泉 を揉み, 指導者である「湯長」の導きいより 入浴する草津温泉ならではの独自の入浴法。


 
草津節発祥の地碑
 草津節発祥の地 碑

古久長旅館
 古久長旅館と「鷲乃湯跡」碑


移転先 https://840.gnpp.jp/kusatsubushi/