発祥の地bannar
民謡白浜音頭発祥の地
 [みんようしらはまおんどはっしょうのち]


場所
千葉県南房総市白浜町白浜
コメント
JR内房線の館山駅から 南に12km。
野島崎灯台バス停から 500m程東に 国道410号に面して, 笠をかぶった二人の女性が並んで踊っている像が建っている。 これが「白浜音頭発祥の地」碑である。

白浜音頭は,房総白浜町(現・南房総市)が 観光で売り出すために創作された民謡。 1956(昭和31)年に作られ,千葉県を代表する民謡として全国的に唄われた。
「民謡で町おこし」を合言葉に 1992(平成4)年に 第1回白浜音頭全国大会が開催され, 以来 毎年続けられたが,一時の民謡ブームの衰退で 参加者が少なくなったのか, あるいは不景気で経費の支出ができなくなったためか, 残念ながら 2009(平成21)年の第18回を最後に終了となった。

撮影日
2009年11月
碑文
民謡白浜音頭発祥の地

    由来記
千葉県三大民謡として唄われている白浜音頭は, かつては全国の盆踊り会場に流れる新民謡として大いに流行しました
白浜音頭は当地が発祥地である
昭和二十九年ごろ白浜独自の民謡が欲しいと 関係者の熱意で完成された曲が白浜音頭が誕生した由縁です
構想から二年後の昭和三十一年に制作発表されました
海辺で生まれ育ち,白浜の漁師と海女がこよなく音頭を愛し, 今日の白浜音頭の普及に大きく貢献されました
二十一世紀においても白浜音頭は唄い踊り継がれ,永遠に次世代へと引き継がれて行くことを願い, 白浜音頭全国大会十周年を記念して碑を建立しました。

  正調 白浜音頭
        原案 森田福之助
        作詩 並岡龍司
        補詞 森 茂
        作曲 並岡龍司

   サーノーエー ヨーホエ
    房州 白浜 ヨーホエ
     住みよいところヨ〔オーサ〕
    真冬菜種のサ コラショ
     花ざかりヨ
          〔ソラホントカヨ〕
    夏は涼風サ
     沖から吹いてヨ 〔オーサ〕
    松の根ごろでサ
     夢を見る
    ヨーホエ 〔ヨーホエ〕
          ヨイコラショ

建立之礎
〔当初〕
発表昭和三一年七月二二日
作詩並岡龍司
補詩森 茂
作曲並岡龍司
振付石川美峰
提案森田福之助
建立白浜町観光協会
〔改修〕
事業名町観光施設整備事業 整備工事
像制作彫刻家 宇野務
施主白浜町長 早川一郎
完成平成一三年十月吉日
特記白浜音頭全国大会開催十周年記念事業

白浜音頭全国大会歴代優勝者
初代1992沖悦子千葉県6代1997吉川晴男茨城県
2代1993阿部辰子埼玉県7代1998松本理恵東京都
3代1994豊島千亜紀茨城県8代1999清水あゆみ東京都
4代1995山本あやみ埼玉県9代2000米野井千江子千葉県
5代1995坂本理恵千葉県10代2001若瀬弥生東京都
白浜音頭全国大会歴代優勝者
11代2002小山晃菜埼玉県16代2007菊地智江福島県
12代2003山本 泉東京都17代2008鈴木やよい愛知県
13代2004青木由起子神奈川県 18代2009
14代2005根元政子千葉県19代2010
15代2006伊藤 萌 千葉県20代2011


 
民謡白浜音頭発祥の地碑 民謡白浜音頭発祥の地碑

民謡白浜音頭発祥の地 碑