発祥の地bannar
箏曲組歌発祥之地
 [そうきょくくみうたはっしょうのち] 


場所
山口県山口市上竪小路
コメント
JR山口線の上山口駅から 北西に800m。八坂神社と築山神社に挟まれるような位置に 大きな石碑が建っている。

ここは「築山館跡」と呼ばれ, 室町時代に 大内義弘が築いた別邸で, 1490(弘治3)年に 大内氏が滅亡するまで使用された。その跡地は 現在は 八坂神社と築山神社になっている。
「箏曲組歌」については 資料が少なく, 碑文に書かれたこと以外はわからない。

撮影日
2005年11月
碑文[1]
箏曲組歌発祥之地

  昭和40年11月建之
    題字揮毫 内閣総理大臣 佐藤栄作
    発起人  箏正派家元  中島路雅楽之都
    同    山口県知事  橋本正之
    同    山口市長   兼行恵雄
    同    山口県熊毛町 林 泰

 組歌は八橋検校(1614〜85)が確立した箏曲の根本 形式です。その整然とした楽式の源流は古くは雅楽曲〈越 天楽〉にまで遡りますが, そこから発生した箏の弾き歌い の音楽は, まず中世末期に賢順(1534?〜1623)に より筑紫箏として大成され, さらに八橋検校による新工夫 が加えられて, 今日の箏曲の創始に至りました。
 一方, 数首の歌を組み合わせた歌詞については, 安永天 明の頃(1780前後)の箏曲組歌の譜本「箏曲大意抄」の 中に, おおよそ次のような話が伝えられています。

天文年間(1532〜54)のこと, 山口の大内義隆 卿は, 京から迎えた北の方を慰めるために, しばし ば都の公卿殿上人や楽人などを招いて詩歌管弦の遊 びを催したが, ある時その席で7人の若い殿上人が 一首ずつ歌を作り, つぎつぎに箏で弾き歌いするこ とが行われた。これが箏の組歌の起源であり, 歌の 組合せなので組歌と言う。これゆえ最初の組歌 の曲《ふき》の歌詞は七首になっが, やがて一人 が早世したため以後の曲では六首になった。
 この話には疑点もあってすべてそのままには受け取れま せんが, 当時この地に花開いた大内文化を考えますと, む げに否定し去れない面もあり, 興味深い所伝です。
 この「箏曲組歌発祥之地」の碑は, この所伝をよすがと して箏曲組歌の誕生期に思いを馳せ, あわせて往時の大内 文化の繁栄を偲ばんとする各地各界の多数の人々の熱意と 浄財によって, 昭和40年11月, ここ大内氏ゆかりの地 に建立されたものです。
        昭和61年11月8日 上参郷祐康述
碑文[2]
建碑の由来      (■=碑文判読できない部分)

 大内義隆(1507年〜1551年)は武人で且つ高度 の文化人として 芸術 学問 宗武 ■■管 弦 詩歌に深く心を寄せた人でありました
 応仁の乱後 京都をのがれた文化人や殿上 人は 次々と大内家へ身を寄せ ここに輝や かしい地方文化の花を開かせたのであります
 「箏曲組歌」はこの大内文化を母体として 生まれました。若き殿上人の楽人たちはこの 地に集まり 自己の■■を即興的に作詞作曲 して ■■の遊びの興趣を高めました 雅楽 「越天楽」の楽式による優美で気品ある風格 の高い この組曲は その■■■■■■■■ 流 生田流 山田流と 変遷を経なからうけ つがれ すぐれた伝統音楽として 今なお多 くの人々に愛奏されております
 この記念碑は全国の第一線に活躍する箏曲 教授家や 箏曲を愛する篤志家が 組歌の発 祥を末永く記念して建てたものであります
 大内文化の生命が現代にいきいきとよみが える時 私たちは「芸術は長く人生は短い」 の至言に敬虔の念をいっそう■めるものであ ります
  昭和40年(1965)11月11日■■
            中島■■■■■

箏曲組歌発祥之地碑 八坂神社
箏曲組歌発祥之地 碑
八坂神社