発祥の地bannar
銭谷盆唄発祥之地
 [ぜにやぼんうたはっしょうのち]


場所
茨城県水戸市浜田1丁目
コメント
JR常磐線の水戸駅から南東に1.5km。
市立浜田小学校と 国道51号に面した ジャスコ水戸内原店のほぼ中間に,銭谷稲生神社がある。
神社の狭い境内には 鋳銭場跡・銭塚・銭谷銭座之址 など いくつかの碑が建っていて, その中に「銭谷盆唄発祥之地」の碑がある。

銭谷盆唄については,関係資料が見当たらなかったため,残念ながら その由来や歴史などは不明である。

ここ 銭谷稲生神社は,江戸時代に銭貨が鋳造された場所。
室町時代から江戸時代の初めまで,日本では 中国で鋳造された貨幣“永楽銭”が流通していたが, 江戸時代になって 永楽銭の輸入が急減したため,当地の町人・佐藤新助が “新銭”をこの地で鋳造した。
その後 江戸幕府は 江戸と近江の“銭座”で“寛永通宝”の鋳造をはじめたが, 水戸・長州・松本など いくつかの藩でも幕府の許可を得て鋳造した。
水戸藩で造られたものは“水戸銭”と呼ばれる。

撮影日
2009年1月 (写真提供 T.H.さん)
碑文
銭谷盆唄発祥之地
  茨城県民謡民舞連合会長 川崎孫兵衛書

  銭谷盆唄
    ハーアイヨウ
    銭谷エ田圃からエ蛇が出たとても
    銭谷エ通いはエ やめられぬ
      (ハア アリヤ アリヤ アリヤサ)

(副碑=台座)
発起人名
 民謡つくね会顧問 県議会議員       久保田今朝武
       顧問 市議会議員       吉岡 長吉
          濱田木材株式会社社長  庄司 義雄
       会長 県民謡民舞連合会長   川崎孫兵衛
      支部長 笠間市福原(磯石材工業) 磯 進生
                     (石碑寄贈者)
  昭和五十年十月十九日 民謡つくね会 有志一同 建之


 
銭谷盆唄発祥之地碑
 銭谷盆唄発祥之地 碑