発祥の地bannar
おはら節発祥の地
 [おはらぶしはっしょうのち] 


場所
鹿児島県鹿児島市城西3丁目
コメント
鹿児島西警察署の北, 菓子商“薩摩庵”の駐車場に, 発祥碑と おはら節を踊る女性の銅像 および 鹿児島おはら節の歌詞碑 が建っている。
この地が何故 おはら節の発祥の地とされるのか については, 特に説明がなく 不明である。

おはら節の由来については 諸説あるようだが, 一説によると 江戸時代に 薩摩藩が琉球に侵攻したとき, 日向国の武士が陣中で唄った唄を, 鹿児島の原良(はらら)の武士が帰国後 歌詞を作って唄い始め, 徐々に唄い広がるにつれ「原良」に"お"が付いて「おはらら節」→「おはら節」と 呼ばれるようになった と言われる。

撮影日
2004年10月
碑文
おはら節発祥の地
(歌詞碑)
 鹿児島 おはら節

 花は霧島
     たばこは国分
 燃えて上るは
     オハラハー桜島
  ハ ヨイヨイ ヨイヤサット

 見えた見えたよ
     松原越しに
 丸に十の字の
     オハラハー帆が見えた
  ハ ヨイヨイ ヨイヤサット

 雨の降らんのに
      そむた川(草牟田川)にごる
 伊敷原良(いしきはらら)の
     オハラハー 化粧の水
  ハ ヨイヨイ ヨイヤサット

おはら節発祥の地碑
 おはら節発祥の地 碑

おはら節 歌詞の碑
 おはら節 歌詞の碑